鼻ツン闘病記22:人工甘味料とてんかんの関係は?

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

ダイエット飲料を愛用していたけれど

素人判断はダメだけど、かなりビックリ

てんかんとの診断を受けて以来、ウェブで色々と検索する癖ができてしまいました。「なるほど〜」とストンと合点が行く場合もあれば、最初に閃輝暗点が起こった時のように、一人でどんどん悲観的になって先走って考え過ぎてしまうことも。

誰でもアクセスできるウェブだから、情報は玉石混交だし、参考程度に考えようとは思っていますが、ついつい調べこんでしまうんですよね、これが。

素人判断は絶対いけません。たとえ有名な学会のウェブサイトに記載されていたことだとしても、すべての症状が自分に当てはまるわけはないのですから。なので、「ちょっとでも気になることは、必ず主治医の先生に聞かないと」と思っているのですが。

今日てんかん関連のサイトを見ていたら、日米の様々なサイトに、「人工甘味料はてんかんと大いに関係あり!」と書いてありました。

「もしかして!」と思ってしまったのですが、我が家は夫が糖尿気味なので、人工甘味料をとてもよく使います。冷蔵庫の中には、シュガーフリーの飲料や食料がいっぱい。

黒砂糖はちょっぴりありますが、家には白砂糖は置いていません。夫に合わせて、私もコーヒーなどには人工甘味料を入れて飲んでいましたし、ダイエットソーダも日常的に飲んでいました。

「人工甘味料が視野の欠けや偏頭痛、てんかんを引き起こす」と、断言調に書いてあるページもあります。ガクガクブルブル。

もちろん、ウェブの情報を盲信するわけではないし、次回のアポイントメントの時に主治医の先生に聞いて見る予定ですが、とりあえず今日からちょっと人工甘味料を控えてみようと思っています。体調がどう変わるか、観察してみようっと。

夫にも話して、無精製の黒砂糖をちょっぴり使ってみることにしました。夫婦両方ともに、安全なラインが見つかればいいんですけどね。

鼻ツン闘病記23へ続く)