鼻ツン闘病記27:ケプラと眠気

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

眠気のパターンと仕事のリズム

急がば回れ

以前鼻ツン闘病記12で、抗てんかん薬ケプラ(イーケプラ)の副作用は、「脱力感と激しい眠気」とご紹介させていただきました。

服用後、2時間ほどしたら猛烈な眠気に襲われます。とにかく座ってられないほどの眠気で、1時間ほど仮眠すれば大丈夫なのですが、やはり日中から眠るのには罪悪感があります。

いままでずっとフルタイムで働き、さらに副業まで持っていたので、寝る時間がすごくもったいない気がするし、「世間の皆さんは働いているのに」と思うと、むやみに焦る気持ちもあって、家でも寝るときに言い訳ばかり。

「5分ほど目を休ませるよ」とか、「ケプラの副作用をやり過ごすよ」とか、誰にでもなく呟いています。

申し訳ない、恥ずかしいと思っているのは、過去のバリバリ働いていた時分の私に対してなので、誰が見ているわけでもないんですけどね。

以前は、家にも仕事を持ち帰って遅くまで働くこともしょっちゅうでした。それでもさほど疲れませんでした。しかし、病気になってからは驚くほど耐性がなくなりました。集中して頭を使うと、すぐ閃輝暗点が起こります。

色々と効率を考えたり、集中してガーッと仕事をこなして、周りから「早い!」と驚かれるのが何よりも快感でしたが、脳を酷使しすぎてしまったのかも知れませんね。

今でも昔の癖が抜けず、ついつい「早い」と言われたくて、極限までアクセルを踏み込んでしまうことがあります。誰も見ていないのに。

でも、今はスローダウンするとき。「急がば回れ」ですよね。今でも仕事のことをあれこれ考えて、現場の夢ばかりを見ていますが、ゆっくり取り組んだ方が良い仕事ができる場合もあると信じて。

ネガティブにならないよう、常に物事のサニーサイドを見るように頑張らないと。

とりあえず、頭を錆びつかせないように、このブログだけはスピーディに書くようにしています。そして、自分だけで「今日もなかなか素早く書けた!」とドヤ顔をしています(笑)。

ところで、明日はホームドクターの検診日。何か新しい進展があるかな?

鼻ツン闘病記28へ続く)

  • Erikoga1

    明子さんは頑張り屋ですものね。大丈夫です、私のように薬も飲んでないのにいつも眠たい人もいます。そして今でも仕事早いですよ。今度どうやったら早くかけるか教えてください。

  • lightninghawaii

    Erikogaさん、ライティングは本当慣れですよ、慣れ。自分のペースが一番です。早く書きたくて、私は自分の首を絞めてしまってますよ(笑)。それにしても、最近本当に寝ても寝ても眠れてしまうんですよね。しかも、良い夢ばっかり見ています♪