鼻ツン闘病記3:テレビを見てたら突然に

ライトニングハワイ 鼻ツン闘病記 大人のてんかん

■虹色のギザギザしたものが!

海藻臭、ガス臭に続いて、バーベキュー臭が…

「鼻がおかしい」

臭いがキチンと認識できなくなって数週間。寝る前に毎日バーベキューの炭を熾すような臭いを感じるようになりました。

最初は「お隣さんもバーベキューが好きだね〜、さすがアメリカ人」

などと、呑気に思っていたのですが… 窓から顔を突き出すしてみても、それらしい煙は見えず。
どうやらまた、私だけがバーベキュー臭を嗅いでいたようです。

いよいよ、耳鼻科に行かなければならないでしょう。
アメリカのシステムでは、まずファミリードクターを訪ね、そこからしかるべきお医者さんを紹介してもらうのが基本。

ほとんどお医者にかかったことがなかった健康自慢の私にとって、「病院にアポを取る」というただそれだけがもう、面倒くさくて敷居が高くて、ただグズグズと引き延ばしていました。

そんなある日、テレビの歌番組を楽しい気分で見ていたときのことです。
突然、目の前がチカチカっと光ったと思ったら、グワングワンと体が揺れ、まっすぐ座っていられなくなりました。ギザギザの虹色の光が目の前に現れ、クネクネと動いています。

なぜかは分からないのですが
「コンタクトレンズを取らなきゃ」と焦り、足をもつらせながら洗面所に走り、両目のコンタクトを取りました。そのまま寝室へ行きベッドに倒れ込んだのですが、目の前のギザギザは、大きくなるばかり。目を閉じても開けても存在しており、視野の一部がグレーっぽく欠けて見づらくなってきました。

こんなことは初めてです。

鼻ツン闘病記4へ続く)

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ にほんブログ村 病気ブログ 大人のてんかんへ