鼻ツン闘病記43:ホッと一安心♪

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

MRIの結果は前回と同じだったけど

飛行機、乗ってもよくなりました

今日は検診日でした。ここ数日、MRIなど一連の検査を受けていたので、その結果を聞きに行きました。最近は自分でも調子が良いのがわかっているので、あまり心配せずにH先生に会いに行くことができました。

診察室で待っているとノックの音とともにH先生が。かなりのニコニコ顏だったので、その時点ですごく安心しました。

まず、「MRIの結果は前回と全く同じでした。やっぱり海馬にモヤモヤがありますね」と。うーん、そうかあ、そう簡単にモヤモヤが晴れるわけはないわな…とかなり冷静に受け止めていると、

「でも、血栓も腫瘍も何もありません。なぜこのモヤモヤがあるかは、やはりてんかんのアクティビティがあるとしか思えないけど、薬も効いているし、発作も起こってないし、投薬は続けながら、普通の生活を送って大丈夫ですよ」と。

ってことは、日本にも行けるわけ? はい、飛行機に乗ってよしとのことです。ケプラも増量せず、同じく500mgで大丈夫とのことです。良かった〜。

まだ断薬とまでは行かなかったけれど、大進歩です。嗅覚も戻ってきたし、小発作も起こっていないし、このまま規則正しく生活していけば、いつかは薬も飲まなくて済むようになるはず。

その後、夫と一緒に、お気にいりのレストランでささやかにお祝いしました。これからも真面目にケプラを飲んで、海馬に負荷をかけないようにしつつ生活していこうと思います。H先生、T先生および、周りの皆様すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。

鼻ツン闘病記44へ続く)