鼻ツン闘病記49:日本でイーケプラの単剤療法許可

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

私はずっと単剤療法だったけど

日本でもようやく単品で飲めるようになったんだって

私も毎日2回飲んでいる、抗てんかん薬ケプラ(日本ではイーケプラ)。私にはケプラがとても合っているようで、ケプラのおかげですっかり体調も安定し、普通の生活が送れるようにまでなりました。

ところで、このケプラ、私は1日に2回、1錠ずつ単独で飲んでいるんですけど、日本では最近まで単剤療法が許可されていなかったんですね。

2月24日発行の医療NEWSの記事によると、てんかんの治療は、患者によっては小児期から長期にわたり薬を服用しないといけないので、それぞれの発作に合わせた適切な診断や薬の効果をしっかり評価し、より副作用のない薬の単剤療法が求められていたんだそうです。

で、調査の後ついにケプラの単剤療法が認めらたというわけなのです。

▪️参考記事/ 抗てんかん薬「イーケプラ」が単剤療法の承認取得-大塚製薬とUCB

今回の国内承認によって、ケプラはてんかん患者で、部分発作を有する4歳以上のすべての患者に対しての使用が可能となったそうですよ。

欧米ではとても有効性が高いとして、単剤療法の第一選択肢として位置づけられているケプラ。これから利用者がさらに増えることでしょうね。私のお医者さんたちも皆「ケプラは効きますよ〜」と高評価です。

日本では既に10万人が利用しているというケプラ。世界100国以上で認可されているそうですから、総勢ではいったいどれだけの人が利用しているんでしょうね。

私がケプッている今この瞬間にも、世界各地でたくさんの人々がケプッておられると思うと、なぜか胸熱!ケプラ仲間がたくさんで嬉しいな、っと♪

鼻ツン闘病記50へ続く)