遅ればせながら美女と野獣の実写版を…

アニメ版、ミュージカル版と比べると?

遅ればせながら、やっと美女と野獣の実写版を観ました。

アニメーション版とミュージカル版はどちらも何度か観たことがあるのですが、実写版はどのような感じなのかな〜と、アニメーション版が大好きな私としては、見たくもあり、見たくもなし…といった感じで逡巡しているうちに、映画館での公開を逃してしまっていたんです。

アニメーション版は、とにかくキャラクターが魅力的に描かれていて、アニメーションならではの非現実的な動きとか、顔の表情がなんとも言えない味を出しています。また、野獣の描写も独特で、ちょっとダークな感じながら、見ているうちにとても感情移入してしまうんですよね。

ミュージカル版は、ハワイ公演を見に行ったのですが、物語のテンポが良く、出演者さんたちの歌唱力、演技力もすごく、飽きさせない作りでした。ただ舞台上で全てを演じるため、お城の描写やアクションなどは、やや物足りない感あり。

さて、実写版ですが…

まずびっくりしたのが、ベルを演じるエマ・ワトソンがすごくハマリ役だということ。途中から健気で知的なベルにしか見えなくなりました。それにくらべ、野獣の描写はややパンチに欠けるかな? あと、アニメーション版ではびっくりするほど愛らしかったキャラクター、ティーカップの「チップ」が、実写版では普通の少年といった感じで、ちょっと残念。

実写版で素晴らしいのは、なんといってもシネマトグラフィーですね。アートディレクションがすごく良くて、お城の風景、特に晩餐会の場面などは、ため息が出そうに華やか。さすがディズニーといった感じで、見ごたえたっぷりでした。

アニメーション版と実写版ではややストーリーが異なっている部分があるのですが、それについてはアニメーション版の方が好きかも。慣れているだけかもしれませんが。

キャラクターでは、アニメーション>実写>ミュージカル
テンポでは、ミュージカル>アニメーション>実写
アートディレクションでは、実写>アニメーション>ミュージカル

という具合で、どのバージョンもそれぞれに魅力的なのでした。

あと、ガストンの嫌〜な感じは、ミュージカル版がダントツだったように思います。