脚本の力強さに圧倒される作品:Gifted

登場人物全員がじっくりと名演!

またまた、印象深い映画に出会ってしまいました。今年春の公開時には見逃したのですが、レッドボックスで見つけた”Gifted”。日本では11月に公開ということですので、ネタバレなしで参ります。

Giftedとは、「天才」または「特別な能力を授けられた人」という意味です。この映画の主人公、7歳のメアリーは、数学のGiftedなのです。母親のダイアンを亡くし、叔父フランクに育てられています。

数学の才能には恵まれているものの、対人スキルが低いメアリー。ダイアンはメアリーを「人間らしく、子どもらしく」育てたかったのです。亡き姉の意志を汲み、できるだけメアリーを「普通に」育てようとするフランク。

しかし、天才児が一般の子どもたちが通う学校で浮かないわけはないのです。さらに、フランクの母は、孫のメアリーに高等教育機関で特別な教育を受けさせようと画策し、ついには法的な親権争いにまで発展してしまいます…

ネタバレなしということなので、ストーリーはここまでにしておきますが、この映画のすごいところは、脚本の圧倒的な筆力かと思います。

映画ギフテッドの圧倒的な脚本力

派手な演出は見事なまでに、一切ないんですよ。でも、強烈な求心力で、一度見だすと目が離せませんでした。この脚本の素晴らしいところは、一切の過不足も無駄もないことです。見事なまでに削ぎ落とされていますが、物足りなさはまったく感じません。

法廷シーンや脇役の人々のセリフに重要なこと、家族のバックグランドがさりげなく散りばめられているため、見ているうちにちょっとずつジグソーパズルが完成していくような、スリルあふれる満足感があります。

主演はクリス・エヴァンス。キャプテン・アメリカで一躍有名になりましたが、彼が演じる等身大の男性像は、とても好感が高く、抑えた演技に説得力がありました。メアリーも、フランクの母親も、隣人の女性も小学校の先生も弁護士も…猫までがみな名演技。

ここまで水も漏らさぬような盤石な映画も珍しいかと思いました。願わくば、日本公開時に、字幕の翻訳がちゃんとしていますように。普通に訳すとつまらなくなってしまうような言い回しもたくさんありましたし、補足が必要な部分もあるかと思います。その辺をうまく汲んだ訳だったらいいな〜、と。何と言っても、この作品は脚本が肝なので。

映画を見終わった後も、ずっと考えさせられる映画です。私のような凡人には計り知れない天才児の心の中…、果たして凡人が思う幸せが、彼らにとって本当に幸せなのだろうか? 生きることがしんどいのだろうか? 育て方によって、天才児の部分を少しずつ失っていってしまうのだろうか? それが本当にいいことなのだろうか? …などなど、疑問は尽きません。

ぜひ、チャンスがあれば、皆様もこの映画を観てみてくださいね。