カンフーパンダ3(ネタバレなし)

やっぱりジャック・ブラックは天才

でも一番好きなキャラクターは…

大好きなシリーズ、カンフーパンダ3が封切られたので、観てきました。日本ではまだ公開日が決定していないようなので、ネタバレはなしで。

カンフーパンダにはシリーズ1作目からすっかり心を鷲掴みにされ、スピンオフ作品にいたるまで、全部観ています。アメリカのアニメのなかでは、シュレックと同じくらい好きな作品なんです。

魅力は多々ありますが、主人公のPOがまったく可愛くないパンダなのに、見ているうちにどんどん魅力的に見えてくること。それぞれのキャラクターの描写が際立っていること。出てくる小動物たちの愛らしさ。そして毎回なんらかのカタルシスが得られることでしょうかね。

詳細は避けますが、第3作も期待を裏切らない面白さでしたよ。

ところでPOの声を演じるのはジャック・ブラックです。最近はあまり映画などでも見かけることが少なかったのですが、久々のボイスオーバー作品、いやあやっぱり天才です。ジャック・ブラックの変幻自在に動く眉毛が目に浮かぶような熱演ぶりでしたよ。

ジャック・ブラックもさることながら、さらに毎回「いい仕事だな〜」と思うのが、86才のジェームス・ホン氏。POの育ての父の声を担当しているのですが、もう軽妙で中国アクセントも素晴らしく、これ以上はないというほどのはまり役なのです。毎回ほろりとさせられるし、ジェームス・ホン演じるグース(ガチョウ)のピンさんのキャラクターが、やっぱり一番好きですね。

ジェームス・ホンの名演だけでも見に行く価値があるかと思います♪