アニメーション「無念」の凄さ(というか凄味)

大和田新氏の講演会「福島を伝える」に参加して

先日、パロロ本願寺で行われた、大和田新氏の講演会に行ってきました。知り合いの方に招待していただき、取材がてら興味深く訪ねてみたのです。

大和田氏のバックグラウンドおよび講演会についての詳細は、Myハワイに詳しく書いたので、下記の記事をみていただくといたしまして…

■「福島を伝える」大和田新氏の講演会、大盛況で終了

福島の現在を伝えるアニメーションと聞いて、私の中では「火垂るの墓」のようなものを想像していたのです。きっと泣かせるものに違いないと、バッグにはティッシュを忍ばせて行きました。

会場はお寺の本堂で、正面にはホワイトボードに布をかけた、やや素朴ともいえるスクリーンが設置してありました。

ハワイのお寺の本堂は教会のように長椅子が設置してあるところが多いです。その一つに腰をかけ、正面のスクリーンを覗き込みます。

アニメが始まりました。

…そこにあったのは、大きな筆で描いたような、シンプルな筆致の絵でした。登場人物の顔などは、ずいぶんと質朴で、絵本または紙芝居のような感じです。動きも、ちょうどバラバラ漫画をめくるようで、決して派手なものではありません。

しかし。

アニメから音声が流れた途端、一気に入り込んでしまいました。

登場人物の声は、とても淡々としています。福島の方言が決して誇張されすぎておらず、実際に街中や役場ではこんな風なんだろうなと、その場にいるような気分にさせてくれる声、話し方です。

このアニメーションの吹き替えは、一人のプロを覗き、全ては実際の町民の人々によるものなのだそうです。だから、彼らの気持ちが痛いほどストレートに伝わってくるのですね。

登場人物同様に、物語の進行もとても淡々としています。伏線を張ったり、暗喩をちりばめたりといった虚飾はいっさいなく、とても真っ直ぐです。感情の表し方が控えめなだけに、真実味があり、また人々のやるせなさ、悔しさが滲んでいるかのようでした。

約50分ほどのアニメーションだったのですが、本当にあっという間に感じられ、5時間でも見ていたいほどでした。

そして、このアニメーションをできるだけたくさんの人に観てもらいたいと切に思いました。素朴の凄さ、人々の心のパワーにやられました。伝えたい事が痛いほどに溢れている、凄味のある作品だと思いました。

なので、質疑応答の時、大和田氏に訪ねてみました。
「このアニメーションをたくさんの人々に観てもらいたいのですが、何か方法はありますか?」と。

その後、会場でのやりとりがあり、なんと会場のパロロ本願寺さんでDVDを預かり、貸し出してくださる事になりました。ダメ元で尋ねてみたことに、大和田さんとパロロ本願寺の藤森先生が素早く回答してくださり、嬉しいやら感動するやら。

本当に素晴らしい会でした。出会いに感謝です。