車が動かない!?

バッテリービルさんのおかげです!

愛車プリウスVに乗って5年目。一度も故障もなく、燃費も最高に良く、中が広々としているわりに取り回しも軽々で、毎日の出勤に遠出にとフル活用していました。が、昨日…

お昼休みに出かけようと車に近づいたところ、スマートキーが作動しません。何度かボタンを押したところロックが外れたので中に乗り込み、さてエンジン始動…、もう一度ポチッ…、全然エンジンがかかりません。

朝までは好調そのもので、ヘッドライトの消し忘れなども一切なかったはずなのですが… きっとスマートキーだ! と思い立ち、夫に電話してみました。近くに来ているはずだったので、用事の帰りに立ち寄ってもらい、夫のキーで操作…うーん、動きません。

なので、AAAを呼び、バッテリーをジャンプしてもらいました。ある程度バッテリーが溜まったところで、家へ。信号で減速するたびにヒヤヒヤ、途中で止まらないようにひたすら祈り、無事に家についたところで、バッテリーが眠りにつきました。

翌日は会社に連絡し、遅刻することに。朝一でもう一度ジャンプ。超ドキドキしながら、マプナプナのバッテリービルズへ。

バッテリービルズというと、ハワイの人々は皆、あの軽快なCMソングを思い浮かべると思います。私もしょっちゅう口ずさんでしまうのですが…その名の通り、バッテリーなら何でもお任せの電池屋さんです。

バッテリービルズの店主は日系人のビル・オガワさん。写真の看板の方です。バッテリービルの名の通り、本当にバッテリーに詳しく、ハワイの人々には全幅の信頼を寄せられています。

またもフラフラ状態でバッテリービルズまで。駐車場に車を停めた途端、ついに息絶えました。そこで、ビルさんの奥様に相談、奥からビルさんが出てきて、あっという間にテキパキとバッテリーを入れ替えてくれました。

バッテリーを入れ替えると、愛車は別物の如く蘇り、軽快そのものに走り出しました。昨日のドキドキはなんだったんだろう、と。

さて、ここで心配なのが料金なのですよ。プリウスのバッテリーは高く、$800-$1,000が相場とのこと。でもビルさんのところでは、たったの$240でした。それに補償や経費をつけても$303也。安〜っ!

帰り道は上機嫌。もちろん、バッテリービルズの歌をハミングしながら家路につきました。バッテリービル、バッテリービル♪ と。