ハワイで歌舞伎?

 ライトニングハワイ

ホノルル日系人商工会議所主催の新年宴会

おなじみ商工白浪五人男

ホノルルには日系の人々がとても多いのですが、私たち日本出身の日本人よりもずっと和の伝統を大事にしてくれているような気がします。和の部分とアメリカの合理主義が良いバランスで配合されている方が多いかと思います。

今日は、ホノルル日系人商工会議所主催の新年宴会に行ってきました。会場のハワイ日本文化センターに着くと威勢のいい餅つきの音が!

ライトニングハワイ

つきたてのお餅で餡子を包んだものをいただきました。美味しい〜っ! つきたてのお餅はとってもなめらかで柔らかく、ほんのり暖かく、甘すぎない餡子とあいまって、うーん良い加減! すかさず2個食べたのは言うまでもありません。

会場には出雲大社も出張。どこからどこまで和の雰囲気。

のんびり楽しみつつ室内に入ると、太鼓グループ「ドラゴンビート」の演奏がはじまりました。

ライトニングハワイ

激しい太鼓の響きは原始の魂を呼び起こされるようで、大盛り上がりとなりましたよ。

いよいよプログラムのはじまり。司会進行は2年前の桜まつりのサラ・カミダさん。振袖姿も美しく、ハキハキとした才媛です。素敵〜っ!

挨拶、総領事による乾杯の儀のあとは、出雲大社の天野宮司が登場。お清め&食前の祈りが行われました。

ライトニングハワイ

お食事はビュッフェ形式。ちらし寿司や豚の角煮、ローストビーフ、魚の煮付け、サラダ、チキン、などなど和洋折衷で超豪華。デザートは、ハワイならではのパイナップルバター餅でした♪

お食事のあとはメインイベント! 毎年行われている楽しい行事「商工白浪五人男」。数人の商工会議所メンバーが、歌舞伎の口調で自己紹介をするというものなのですが、いつも気の利いたジョークが飛び、これがなかなか面白いのです。歌舞伎のセリフは主に英語ですが、日本語もちょこっとはさんだりして、なかなか上手です。

ライトニングハワイ

以前は大根役者という意味を込めて、舞台に大根を持っていくという慣習がありましたが、無駄遣いは良くないということで、今年は大根はありませんでした。確かに、大根が飛び交ったあとは掃除も大変ですもんね。

4時間近くかかる長いイベントでしたが、とても楽しんできました。ハワイで大切にされている日本の伝統。現在の日本とはまたちょっと違うかもしれませんが、どこか長閑で大好きなんです。