カイマナちゃんが 旅立つ日(泣)

絶滅危惧種を守るためには…


先日もハワイアンモンクシールのカイマナちゃんについて書かせていただきましたが ↓

■カイマナちゃんから目が離せません

ついに別れの日がやって来そうです。

今日いつものように、ロッキー & カイマナ親子の様子をみようと、Honolulu Civil Beatのウェブカメラを見てみたところ、驚きのお知らせが。

今の環境が人間に近すぎるということで、カイマナちゃんがどこか静かな場所に移されるとのことです。

母親のロッキーはそろそろ子離れの時期。いずれは別れが来ることはわかっていましたが、こんなに早いとは。まだまだ親子は仲良く一緒に過ごしているのに。

でも考えてみたら、彼らは野生動物なわけですよ。しかも絶滅危惧種なんです。

だから、いくら可愛いからって、いつまでもマスコットのように扱うのは、根本から間違っているわけで。

彼らの元からあるべき姿に戻るだけなんですもんね。だから、「今までありがとう」と、淡々と見送ればいいんですよね。

ああ、でも、この悲しさときたら(泣)。

いつかまた、どこかで再会することを信じて、ALOHAで見送りましょう。 また会いたいね(号泣)。