ハワイの話題:夫婦で散歩

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

私たちが住むモアナルアバレーとはこんな街

ワイキキだけがハワイじゃないのです

今日はお正月なので、仕事も素早く切り上げ、夫婦でのんびりと町内を散歩することにしました。ホリデーシーズンで美味しいものを食べ過ぎたので、運動不足も解消したいしね。お気に入りのFitFlopのシューズ(歩きやすくて大のオススメ)を履いて、颯爽と出発です!

私たちが住むホノルル市のモアナルアバレーというところは、ホノルル国際空港をずっと山の方に向かい、H1高速道路を越したあたりにあります。ハワイ特有のアフプアア(パイを細く切り取ったような、川を中心とした扇状地で、古代ハワイアンの生活共同体でもありました)で、突き当たりにはハイキングトレイルがあります。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記1960〜70年代に開発された住宅地で、お店はありません。わりとゆったり目の敷地に平屋の家が目立ちます。開発当時に家を買った若い夫婦が今では80歳前後になり、現在ではその子ども、孫世代も同居していることが多いです。我が家も義母と同居です。物価が高いハワイならではですよね。

ハワイならではで、色々な民族的背景を持つ人々が共存していますが、日系人が多いかな? ホノルルの中心から近いわりに静かで住み心地が良く、人気の学区なので、なかなか引っ越していく人はいません。古き良き住宅街という感じで、皆が大体顔見知りなので、安全な場所ですね。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
今日のコースは我が家からモアナルアバレーの中心を貫くAla Aolaniストリートに出て、ゆったりとした坂を登りつつ突き当たりのハイキングトレイルまで。そこから同じ道を戻ってきます。大体1時間くらいかな?

ちなみにこの辺りのストリート名は、すべてAlaから始まるんですよ。Ala HekiliとかAla Hokuとかね。Alaとはハワイ語で道という意味で、Ala Hokuなら「星の道」という意味になります。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記お庭に凝っている人が多いので、見ているだけでも楽しいです。本格的な日本庭園がしつらえてある日系人のお宅もチラホラ。パパイヤやマンゴーはもちろん、アボカドやザボン、タンジェリンやライム、リリコイなどフルーツの樹が植わったお家も多いです。我が家にもパパイヤがありますよ!

生垣に美しくブーゲンビリアを這わせたお家もたくさん。また、「アメリカ人は芝生が命!」なので、どの家も芝生は青々としていて、きっちり刈り込まれています。伸び放題の家や、黄色く枯れた芝生の家はあまりありません。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
バレー全体を蛇行しながら流れている川は、通常枯れているのですが、雨が降ると急に水かさが増えます。といっても溢れるようなことはありません。夫が小さい頃は、川底をスケートボードで一気に下流まで下って遊んでいたそうですよ。

バレーの突き当たりはちょっとした公園になっていて、バスケットコートや子供の遊具があり、その奥からハイキングトレイルが続いています。今回はここで折り返し。ハイキングトレイルについては、また後日書かせていただきますね。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記公園には早朝から元日ハイキングを楽しんだ人々のグループがチラホラ。年配の方も多く、皆さんとてもお元気です。年を取っても仲間たちとゆったりペースでハイキングを楽しむなんて理想的ですよね。私も引退したらハイキングクラブに入ろうかしら。

遊具のそばで夫と一緒に腕立て伏せをしました。私のはお尻をポッコリと突き出した偽物。素早く10回終えて、これでよしとしました。夫は真面目に取り組んでいましたが。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
帰路では、新年の目標を語りながら帰りました。私の目標はすでに願い事手帖にしっかりと書き込んでいるのですが、それ以外の夫婦の目標などを決めつつのんびりと。お正月から有意義な会話ができました。

やはり健康が一番ですよね。去年病気になってつくづく思いました。今年は元日からウォーキングも腕立て伏せ(?)も果たしたし、健康的に過ごして、ケプラとうまく付き合いつつ、発作がでないよう頑張っていきたいものです。夫も義母も、食生活をさらに健康的にし、元気に過ごしてもらいたいものです。日本の家族もね!

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
ハワイというと、ワイキキなどの椰子の木そよぐ美しいビーチを思い浮かべられる方も多いかと思います。もちろん、家から簡単に綺麗な海にアクセスできるのはすごく恵まれたことだと思いますが、こんな何気ない住宅地やハイキングトレイルなどの「地味なハワイ」も、実はなかなか味わい深く、素敵なものだと思う今日この頃です。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ここに載せきれなかった写真を、Facebookのアルバムにしました。こちらもご覧くださいね。