ハワイの話題:欲しかった念願のアレを…

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記これだけは日本製じゃないといけないもの…

それは耳かき

買いました〜。買いましたよっ、念願のアレを。フワフワの頭からスリムな爪先まで、ああなんという無駄のないシェイプ。竹製品ならではの自然な色艶、いつも欲しい欲しいと思いつつ、ず〜っと買いそびれていたアレを。

そうです。日本製の耳かきです。日本のものがいっぱい揃うお気に入りの会員制スーパー、Dillingham通りの「マルカイ」で、2本入って$1.50也。

アメリカ人って、綿棒を耳かきに使うのが一般的なんですよね。でも綿棒って先が丸っこくて、イマイチ耳かきの用を成していないように思っていました。なので、先がスプーンのようになった、日本の竹製耳かきが欲しいな〜と、数ヶ月思っていたんですよ。

昨日、たまたまマルカイで義母の大好物の大福(ポルトガル系だけど大福ファン)とクロロ(タロイモの芋ようかんのようなもの)を買い、レジでお会計をしていると、目の前に耳かきが! ついに買うことができました。

家に帰ってさっそく耳かきタイム。ああ〜至福のひと時!

普段は特に日本製品にこだわりもなく、むしろアメリカの日用品の丈夫さを大いに評価している私ですが、耳かきだけはやっぱり日本製だとつくづく思ったのでした。

マルカイ、レジ周りにさりげなく耳かきを配置するとは、敵ながらアッパレ(って敵じゃないし、むしろ強い見方だけど。)