ハワイの話題:ジャック・ジョンソンが…

ホクレア号のサポート・キャンペーンを開始

さっそくポチッとしちゃいました

現在、近代的な計器を一切使わず、星の動きや海流、波などの自然の動きだけを頼りに、ハワイの伝統航海カヌー「ホクレア号」が世界一周の航海を続けているのをご存知でしょうか? 以前の航海では日本にも立ち寄ったので、ホクレア号についてご存知の方も多いと思います。

現在、このホクレア号の航海を主催しているポリネシアン航海協会をサポートするため、ハワイの人気ミュージシャン、ジャック・ジョンソンがオンライン上でキャンペーンを行っています。

▪️関連情報/ 【話題】ジャック・ジョンソンがホクレア号航海をサポートするキャンペーン開始(Myハワイより)

こちらのウェブサイトにサインアップして(Facebookのアカウントでもサインインできます)、オンライン上で寄付($2〜)をすると、素敵な曲「Na Ho’okele Opiopio (若い航海者たち)」がダウンロードできるんです。この曲の作者は、チャッキー・ボーイ・チョック氏。ジャック・ジョンソンと人気ミュージシャンのポーラ・フーガが歌っています。

ジャック・ジョンソンって、なんとも言えない魅力があるんですよね。いつも静かな感じで、でも内面は熱いみたいな。男性が見ても格好いいと思うタイプではないでしょうか?

上のビデオは以前のものですが、やっぱり魅力的で見入ってしまいます。

以前、ダライ・ラマ師の講演を聞きに行った時、スペシャルゲストがジャック・ジョンソンで、取材そっちのけで素敵な2人が醸し出す空気感に浸ったことを思い出しました。

ホクレア号の活動も素晴らしいと思うし、ジャック・ジョンソンも素敵だし、ということでさっそくポチッと寄付。

無事、Na Ho’okele Opiopioをダウンロードしました。うん、なかなか良い感じ。

ハワイに住んでいると、いろいろな形のチャリティ活動に遭遇しますし、自分たちで企画することも多いです。寄付を募るだけではなく、このように曲を提供したり、夫もチャリティ・マジックショーやチャリティお化け屋敷などを、よく行っています。

「いいな」と思えば、すんなりと寄付をする。「それほど賛同できないな」と思えば、しない。チャリティへの参加も強制ではなく、したい人がさらっとさりげなく行う感じ。

ハワイを含め、アメリカのこのようなところは、本当に素晴らしいと思いますし、大好きなところです。