ハワイの話題:感謝祭の七面鳥の焼き方

ライトニングハワイ、感謝祭のターキー

11月27日(木)はサンクスギビングです!
サンクスギビング、日本語にすると感謝祭ですね。アメリカではクリスマスと並んで、すごーくメジャーな祝祭日なんです。日本でいえば、お正月という感じかな?

サンクスギビングは毎年11月の第4週目の木曜日に行われます。さかのぼること1600年代、アメリカ大陸にイギリスから最初に入植した「ピルグリムファーザーズ」たちが最初の収穫を祝ったのが、この祝祭日の起源だと言われています。慣れない土地で、大変な寒波のなか多くの死者を出し、危機に瀕していた入植者たちを助けたのが、アメリカ先住民族の「ワンパノアグ族」。彼らが入植者たちに新大陸での植物栽培を教えました。おかげで入植者たちは冬を越すことができ、翌年の収穫期には、ワンパノアグ族の人々を招待し、感謝を込めて一緒に食卓を囲んだのが、最初の感謝祭だったという訳です。

なので、サンクスギビングの日は、家族や親戚、友人が集まって、アメリカの伝統料理を囲んで楽しいひとときを過ごすのが慣わし。サンクスギビングの伝統料理と言えば、何はなくともターキー(七面鳥)の丸焼きとスタッフィング(詰め物)でしょう。クランベリーソースとグレイビーでいただきます。他には、パンプキンパイやヤム芋のキャセロール(サツマイモのような甘いお芋に砂糖とバターをまぶし、マシュマロを載せて焼いたお菓子)、マッシュポテトなどもはずせません。お正月のおせち料理のようなものですね!

上の写真は凍った状態のターキーです。今年はターキーの中ではとっても小ぶりの、12ポンド(約5.5kg)ほどのものを買ってみました。大きいものでは24ポンド(約11kgほど)のものまであります。その大きさ故、「ターキーは焼くのが難しい!」 と、なぜだかずっと思い込んでいたのですが、実はそれほどでもありません。特に写真のタイプ「バターボール」ターキーだと、ブライン(塩水につけて味付けする)必要も無いし、すでに全体にバターもまぶしてあるので簡単なんです。というわけで、私流のターキーの焼き方をご紹介しますね。

ライトニングハワイ ターキーの焼き方

■ターキーの焼き方

1)ターキーを購入するのはサンクスギビングの4日ほど前が理想的。お店でターキーはカチカチに凍って売られているのが一般的です。小ぶりのターキーだと調理する日の3日ほど前から冷蔵庫に移し、ゆっくりと解凍します。

2)調理に取りかかる前に冷蔵庫から取り出し、室温に。パッケージを開けて、ターキーのおなかの中(きれいに処理してあります)から袋詰めのジブレット(内蔵)を取り出します。ジブレットは風味が強いので、スープにしたり、スタッフィングに混ぜる場合も。私は後日、余ったターキーをJook(おかゆ)にするときに利用しています。ちなみに昨年買ったターキーにはジブレットが入っていませんでした…と思って焼き上げたところ、なんと皮とお肉の間からジブレットの袋が登場するというアクシデントが。ビニールを焼いてしまった…のですが、その部分を外して食べちゃいました。

3)オーブンを325°F(摂氏だと165℃)に余熱スタート。ターキーが室温になったら、軽く洗ってペーパータオルで拭き、溶かしバターを刷毛で全体的に塗り付けます。バターボールの場合、既にバターは塗ってあるので、それほどたくさん付けなくても大丈夫。その後、ハワイアンソルトとコショウをパラパラとかけます。

4)スタッフィングをターキーのお腹に入れて焼く方法もあるのですが、我が家の場合火が通らないのを恐れて、スタッフィングは別に作るようにしています。さて、ターキーを深めの天板に載せ、手羽先の部分をグルッと体の下に折り込み、腿の部分に専用の温度計を刺して、オーブンに投入! 詰め物をしていない小ぶりのターキーの場合、焼き上がりまで3時間あまりかかります。

5)全行程の2/3程経った頃、小ぶりターキーの場合、2時間強経った頃に、アルミ箔を屋根の形に折って、ターキーにフワッと載せます。焼き過ぎてパサパサになるのを防ぐためですね。

6)で、3時間過ぎたら温度計チェック。腿の部分が180°F(約83℃)になっていたら、出来上がりです。肉汁が落ち着くまで15分程置いてから切り分けます。

ライトニングハワイ、ターキーの焼き方

ね、簡単でしょう? 皆さんターキーには、絶対ジブレットが入っています。お腹の中に見つからなくても、絶対どこかにありますから、取り出すのを忘れず焼いてくださいね〜♪

ところで、日本のCOSTCOなどではターキー、売ってるのかしら?

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ