看護師詰所への差し入れはアリかナシか?

ライトニングハワイ

ビッグアイランドキャンディーズと

COSTCOで大箱購入!

今日、私は自分的にちょっぴり爆買いをしてみたのです。

日本に帰るので、大好きなビッグアイランドキャンディーズとGODIVAの大箱を購入したのですね。と、言っても自分用ではありませんよ。父が入院している病院の看護師詰所用にです。認知症の父のお世話を本当によくしていただいているので。

看護師さんが何人おられるかわからないので、大きめのセットをとりあえず4個ほど買ってみたのです。ただ、最近はなかなかお土産を買っていっても受け取っていただけないんですよね。以前父のヘルパーさんやケアマネージャーさんにお土産を買っていった時も、頑として受け取っていただけませんでした。

お土産が不公平や不正につながるという考え方もありますもんね。私だったら黙って車の中で食べちゃうかもしれませんが、そういうことも絶対できないとのことで、皆様の倫理観の素晴らしさに頭がさがりました。

その点、私が働くオフィスは正反対なんです。とても到来物やお土産が多いのですが、いつも一瞬にしてなくなるので、頃合いを見計らってダッシュしないといけないんですよね。遠慮皆無!でも、プレゼントした側からすると嬉しいものですよね。

お土産は難しい問題ですね。特に公務員の方にはダメですよね。一人だけからお土産を受け取ったら特別扱いになるという気持ちもよくわかります。だから厳しく規制しているわけですよね。

今父が入院している病院の看護婦さんたちは公務員ではないはずなので、できれば休憩時にパクッと食べていただければいいんですけど、でも、断られてしまうのかな〜。一応丁寧なお礼の気持ちを添えて、持っていくだけ持って行ってみましょう。

ダメなら、持って帰って暴食するのみ(実はこれを狙っていたりして)。