大成功、ピタパン作り!

pita5

私たち夫婦がよく夢混じりに話すトピックとして、「カフェ開店」があります。特に猛烈サラリーマンの私にとって、「脱サラ」とは何とも甘美な響き…

夫はマジシャンなので、すでに自営業者なわけですが、自分のカフェを訪ねてきてくれたお客様たちにマジックを披露して、夜はマジック教室を行うという夢をずっと抱いています。さらに義弟は画家なので、彼の絵を並べるギャラリーとしてもカフェが役立ちそうだな〜って。ファミリービジネスですね。

でもハワイには山のようにカフェがありますので、その中で成功するにはかなりニッチなところを狙っていかなければなりませんよね、今となっては。

そこで目をつけたのが、糖尿病の方も糖質制限ダイエッターの皆さんも楽しんでいただける、ローカーブ(低タンパク質)メニューを取り揃えたカフェ。糖尿気味の夫は、いつもレストランやカフェなどで、ローカーブメニューを見つけるのに苦労しているので、同じような思いをしておられる方も多いのではないか、と。

まず、手始めに、ローカーブの代表選手、全粒粉のピタパンを作りましょう。やはりパン屋さんは早起きでなきゃ! ということで早朝に起床し、片付けがさっと済むようにキッチンのテーブルに新聞を敷き詰めました。

pita

まずはぬるま湯を用意して、ドライイーストとアガベシロップを入れます。そのままブクブクと5分ほど放置。その間に粉と食塩、オリーブオイルを用意し、一つに合わせます。この時はまだモロモロなので、滑らかにするために、スタンドミキサーへ。5分ほど混ぜると一つにまとまってツヤっとしてきましたよ。

pita4

一度取り出して粉を絡めつつボール型にまとめ、油を引いたボウルへ戻します。キッチンタオルをかぶせて1時間。発酵を促します。

pita1

1時間ほどヤキモキしながら待って、タオルをめくると… 発酵して倍ぐらいに膨らんでいますよ。そこに指をプスプス突き刺してガス抜きします。ついでにオーブンは450Fにセット。

ガス抜きしたパンを9個に分けてまたまたボール状に。麺棒で薄く伸ばしてオーブンの天板へ。焼くのはたった5分でOK。

pita3

オーブンの窓から覗くと、プーッと膨れてきてます。成功! このポケット状のところに、サラダなどを詰めたいんですよね〜。

とりあえずとりだしたところで、撮影(一番上の写真)。いい感じにふくらんでいるでしょう? 暖かいところに、バターと ぶどうジャムをつけて食べてみましたが、外はパリッの中はモチッで、手前味噌ですが、かなりの美味しさでした。

ふふふ、カフェ経営の夢が一歩前進しましたよ〜♪