なぜハワイにトレーダージョーズが無いのか?

traderjoes

夫の友人からラスベガス土産が届きました。ハワイの人々がメインランドに行ったときのお土産は、トレジョーこと「トレーダージョーズ」のドライフルーツかナッツ類がとても多いです。なぜならトレーダージョーズはハワイにないし、商品はどれもお値段がお手頃で、かなり美味しいからなのです。

ハワイの人々にとってのラスベガスとは、日本人にとってのハワイと良く似ていると思います。ラスベガスはハワイ9番目の島とも呼ばれているくらい馴染み深い土地。しょっちゅう知り合いの誰かがラスベガスに出かけては、トレーダージョーズのお土産を持ってきてくれるのです。

私が初めてラスベガスに行ったのはもう15年くらいも前、当時所属していた盆ダンスグループの仲間たちとのグループ旅行でした。初めてのラスベガスにウキウキしている私とは裏腹に、仲間たちは皆、超がつくほどのリピーター。初日からレンタカーに押し込まれ、連れて行ってもらったのがトレーダージョーズでした。

トレーダージョーズとは、それほど規模が大きくないグルメ系の食料品店で、わりと意識が高い系かと思われます。なにもかも驚くほど安く、ワインなどは$2.99からあり、ハワイの高い物価に慣れている私には、とにかく驚きでした。お店の人も皆すごく親切で、何もかもがいい感じ。流行する前から、かわいいエコバッグもたくさん売っていたし、楽しい気分でお買い物できるお店なんですよね。

以来、メインランドに行くことがあれば、トレーダージョーズに立ち寄るのが習慣に。学生時代、アリゾナの学会に参加した時も、発表が終わるや否や近隣のトレーダージョーズに駆け込み、お土産をいっぱい買ったっけ。そして、ハワイに戻ってから、トレーダージョーズにメールを書いて、ハワイへの出店をお願いしてみたのでした。

まさか返事がくるとは思っていなかったのですが、ある日、トレーダージョーズの担当者の方から、とても丁寧なメールが。

ハワイの人々にたくさん立ち寄ってもらってとても嬉しいということ。ハワイには魅力的な食材がたくさんあり、それらを扱うことには大いに興味があること。しかしながら、トレーダージョーズのポリシーは良いものをできるだけ安くお届けすることで、ハワイではその約束が守れなさそうであるということ。なので、常に市場調査は行ってはいるものの、すぐに要望には答えられないと思う…と、非常に丁寧に真摯に書いてありました。

くーっ、良性! 彼らの優しいお返事と消費者第一の姿勢に感動した私。たとえハワイになくても、これからもずっとファンでいようと心に誓ったのでした。

あれから10年。相変わらず、ハワイにはトレーダージョーズはありませんが、ホールフーズはオープンしたし、それよりなにより、地元産の食品を扱うファーマーズマーケットがすごく充実してきたし、美味しいものが以前より気楽に手に入るようになったのだから、感謝、感謝ですよね!