芋虫がキャベツの葉を食むように

よければシェアしてくださいねTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

皆様に感謝

hometown
今回はちょっと重いですけど、ごめんなさいね。

なんという1週間だったんだろうと思っています。今、誰もいない実家で、ようやくPCに向かい、ブログをぼちぼち書いています。障害のある妹より、母と共々入院することになったと連絡があったのは先週のこと。

今年3月の父の死後、うまく泣けずにうつ状態に落ちていた母の調子がお盆以降さらに悪くなり、発達障害のある妹が一生懸命介護したのですが、キャパを超えたようでパニック状態となり、共倒れしそうになっていたところを、ヘルパーさんにより発見されました。そしてかかりつけの医師の判断で、急遽2人そろって心療内科へ入院となったわけです。

九州より叔母が急いで駆けつけてくれ、私も直ちにチケットを取り、日本へ飛びました。このような非常事態に、快く送り出してくれた夫と職場に感謝です。仕事に穴をあけるわけにはいきませんので、仕事で使っているラップトップをもって、日本へ。チームの皆さんに多大な迷惑をかけてしまっているのですが、皆さんが私の分の仕事もたくさん分担してくださり、本当に恐縮しています。

叔母と入れ替わりに実家に滞在しつつ病院へ。また、ケア・マネージャーさんや銀行の担当者の方、主治医の方やご近所の方と次々と会い、今後の方針についての話し合いを続けています。

病院では母と妹は一緒の部屋におり、優しい看護師さん、介護士さんの、真摯でプロフェッショナルな対応で、2人とも少しこざっぱりとし、顔色も良かったので、安心しました。

また、叔母やご近所の方が家の冷蔵庫や掃除を済ませてくださっており、また、新聞や生協も一旦止めてくれたので、しばらくは大丈夫な状態となりました。

家に帰って、父の写真に手を合わせ、「何故こんなことに…」と思っていると、どうしようもなく涙があふれてきたのですが、なにせ私のメンタルはかなり弾力性がありますので、物事をしっかり受け止めて、最善の方法を考えていかないと、と。すぐ立ち直りました。

明日は今後の治療法について、病院の担当者の方と話し合いを行います。やることはたくさんありますが、芋虫がキャベツを食むように、確実に少しずつこなしていこうじゃないかと、腕まくりをするような気持ちになりました。火曜日夜にはハワイに戻ります。

しばらくは2ヵ月に1回ぐらいは日本とハワイを行ったり来たりしないといけませんが、どうにかやりくりしてなんとか頑張っていくつもりです。いやあ、こんな困難に見舞われるとは思わず、ハワイでのんびりやっていましたが、この試練は自分を成長させる糧なんだと思うんです。誰もが通る道なんですよね。

本当に、皆様に心より感謝です。

よければシェアしてくださいねTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+