海馬は静かに眠る

sky

このブログを始めたのは、もう2年も前のことになります。突然嗅覚がおかしくなり視界の一部が欠けたような症状が出たため、病院に駆け込み検査を受けたところ、「大人のてんかん」であると診断されたことがきっかけでした。

当時は非常に困惑し、でもこの経験が、同じような症状に悩む方の一助になればということと、さらに自分を鼓舞するためにブログを毎日書き続けたものでした。

しばらくは暗澹たる気持ちでしたが、毎日真面目に薬を飲み生活しているうちに、体調はどんどん改善。気づくともうずっと発作も起こっておらず、嗅覚もすっかり元通りになり、運転も再びできるように。会社にも復帰し、今では何事もなかったかのような日々を過ごしております。

もちろんケプラは毎日2錠飲み続けていますし、年に2回のMRIは続けなければいけませんが、今となっては当時のことは薄ぼんやりと、遠き日の夢だったかのように感じたりもしています。

それにしても、過去に書き留めたあれこれを読み返すと、夫をはじめ周囲の人々に支えられ、ここまで復活することができたんだなと、今更ながらに感謝の念が湧き上がってきます。

しかし、寛解したからといって、忘れるわけにはいきません。私はたまたま症状が軽く、薬が非常に効いたため、すっかり元気になりましたが、同じ病気で苦しんでいる人々はたくさんおられます。

また、人々の無知からくる心無い偏見に相対し、もっと知ってもらうためにも、私自身さらにリサーチを重ね、情報を発信していかなければならないと思っています。

というわけで、ハワイ短歌会に提出する来月の短歌は、以下の2首にしました♪ ちょっとキザかな?

「あれほどに暴れ惑ひし我が海馬いま安らかに微睡めるのみ」
「与えられし試練を糧に前進す同病に泣く友の手を取り」