継続は力なり

いつまでも少し担っていたい!

iolani

ずっと2つの仕事をしています。物価の高いハワイではいわゆる2ジョブは珍しくないし、共働きがほとんどだから、全然特別なことではないんだけど、少し働きすぎではないかと思うこともあります。

病気になって休職した時も、結局ずっと家で記事を書いたり翻訳したりしていたし、そのまま辞めることもできたのに、病気が治るや否や復職してしまいました。

なんのために働くのだろうと考えると、やはり「好きだから」の一言に尽きるのではないでしょうか? 時に驚くほど理不尽なことがあったり、オフィスポリティクスがえげつなかったりとかもあるけれど、そういったところも含めて、やっぱり働くのが好きなんですよね。

今日、取材で某人気アパレルメーカーの工場見学をさせていただきました。そこで黙々と手を動かしておられた上品な年配の女性、もう50年以上も働いておられるそうなんです。毎日毎日、ずっと素敵な洋服を作ってこられたのだなと思うと、なんだかジーンときて、「継続は力なり」という言葉が浮かびました。

私がいる業界では、正直年配になったら働き難いとは思います。だから、若手育成に励まなければとも思っています。でも、なんらかの道を切り開きつつ、80才、90才になっても社会の一部をちょこっと担っていたいなとしみじみと思ったのでした。

頑張ろうっと♪