AGUラーメンのポップアップストアに行ってきました♪

最近の流行りは「ポップアップストア」と「ソフトオープン」

最近よく聞く業界用語に、「ポップアップストア」というのと「ソフトオープン(またはソフトローンチ)」というものがありまして、まあ、平たく言えば前者は「仮店舗」、後者は「試運転中の仮オープン」ということなのですが。

今日はオフィスからすぐのアラモアナセンター内に、AGUラーメンのポップアップストアがソフトオープンしたというので、お昼休みに駆けつけてきました。ちょっと見ぬ間に、セルフサービスのうどん屋さん「伊予うどん」が閉店しており、その店舗後に、ハワイ発の人気ラーメンチェーン「AGUラーメン」がポップアップストアをオープンしたのです。

大のAGUラーメンファンの私、今まではランチタイムに行こうとすると、一番近い店舗がワードセンターで、ちょっと時間的に厳しかったのですが、アラモアナセンターにオープンとあって、大喜び。同じくAGUファンの同僚と、意気揚々と走り込んだわけです。

食べたのは写真の「柚子地鶏ラーメン」あっさり目で煮卵も入って、美味しいんですよね! アラモアナのお店は、他とは違ってセルフサービス。自分でカウンターで注文し、番号をもらって後から運んできてもらう方式です。だから、他の店舗より、少々お値段設定も低めになっているようです。

お店の前には「ソフトオープン中に付き、不具合があった場合は申し訳御座いません」との張り紙が。お店の人たちの中には、以前の伊予うどんの店員さんもおられるようでしたが、皆フレッシュな感じで、サービスも丁寧でしたよ。

でも、ここはポップアップストア。ということは仮のお店というわけで、もし次のテナントが決まったらお店をたたむということもあり得るわけですよね。できれば正規店舗になってほしいけれど、ワードセンター店が近いから、ポップアップとして、客足が分散しないかどうか様子見なのでしょうか?

アラモアナでのラーメン店の需要はかなり多いと思います。ぜひ定着してくれたらな〜。

ハワイアンサンの新フレーバーに注目

パンチというけど、あまりパンチは効いていないような

優しく素直な飲み口は結構好み

Hawaiian Sun Beach’n Berry Punch
ジャンル:ジュース
プライス:場所によっていろいろ
★★★★(★5個が最高)

中年のオバにもなって、いまいちパンチが効かないのが悩みです。昔からどうも弱腰で、このパンチの効かなさが出世にも影響している気がしますが、まあ、それはさておき。

今日紹介したいのは、名前の割にパンチが効いていないというか、缶のデザインにくらべて、かなり優しい飲み口のジュース。ご存知Hawaiian Sun(ハワイアンサン)の新フレーバー、8月に発売されたばかりの「Beach’n Berry Punch(ビーチンベリーパンチ)」です。

ハワイアンサンといえば、ハワイっぽいデザインが可愛い定番のジュースブランドで、ハワイのどこでも見かけることができます。オレンジパッションだとか、リリコイだとか、ハワイの風味をぎゅっと凝縮したトロピカル風味が人気です。

買ってまで飲もうとは思わないんだけど、自由に飲み物がもらえる時などは、思わず手を伸ばしてしまうような感じですかね。

さて、このビーチンベリーパンチ、何が入っているかといいますと、ブルーベリー、ラズベリー、アサイー、リリコイ、そしてザクロのフレーバーです。

パンチが効かないといえば、アサイーですよ。アサイーが影響して、ちょっと弱腰のフレーバーになったのかと思われます。流行っている割に、アサイーって味が薄いんですよね。

でも、このバランス、嫌いじゃないです。やさしくて、グイグイ飲んでも、喉が痛くなったり、むせたりすることはありません。サーフ柄の缶とちょっとマッチしていない感もありますが、今後ハワイの人々に愛されること間違いありません。飲み口としてはPOG的な感じ。

まあ、栄養はほとんどなさそうですけどね。砂糖もたっぷりだし。でも缶は可愛いです♪

何とも不思議なことが!

ピアスの片方を会社付近で失くしたはずなのに…

なんだろう、時々小規模ながら不思議なことってありませんか?

妖精さんの仕業かな?(オバのメルヘン好きか!)みたいな。

こんなことを言うと、ちょっと自分の正気が心配にはなるんですけど、今日どうしても腑に落ちない不思議なことがありました。

先日メイドインハワイフェスティバルでピアスを2組買ったんです。どちらもシルバーの安いものですが、一目でピンと来て、即購入。

そのうちの長四角タイプのものを、翌日(つまり月曜日ね)会社に着けて行きました。

朝は確かに両耳にはめていたんですよね。

でも、お昼に同僚と車でお弁当を買いに行って、オフィスに帰ってきたら…。

「あ、ピアスがない!」 右耳がスッカスカでした。

いくら安いものとはいえ、お気に入りだっただけに何ともショックで、オフィスの床や、自分の車の中をよくよく探してみたのですが、どこにもなし。同僚も同じ経験をしたことがあるということで、「引っ掛けるだけのピアスは落としやすいし、仕方ないね」と、諦めたのでした。

家に帰ってももちろんあるわけもなく…。

なので気分を切り替え、それから2日後の今日は、もう一つのヒトデ型の方を着けて行きました。こちらは後ろにキャッチが付いているので安心です。

で、先ほど家に帰ってきたのですが。ベッドのそばのテーブルの足元で何かが光っているではありませんか! 拾ってみると、何と失くしたはずのピアスが。
慌ててもう一つのピアスを持ってきて並べてみました。やっぱり失くしたはずのものです。

えええ〜、昨日、一昨日と、さんざん探したはずなのに、何でここに?

髪の毛に付いていたのかとも考えましたが、一昨日帰ってすぐシャワーを浴びて、髪を洗っているので、その説もいまひとつ説得力がありません。

戻ってきたことは嬉しいけれど、考えれば考えるほど、不思議なのでした。

多分、カバンに引っかかっていて、2日間気づかず、今日家に帰ったらポロっと落ちたというのが、カラクリなのだとは思いますが、気分的にはメネフネか妖精さんが(まだ言ってる)見つけて届けてくれたと思いたいものです。

助けて〜! イエベ vs ブルベの呪縛

カラー診断に左右されすぎて、ショッピングが楽しめない!


なんだか大げさなタイトルですが…

数年前に職場の先輩が、日本から持ってきてくれた「カラー診断」の本。その中には、色のシートが入っており、それを顔の両脇に当てて、自分のカラータイプが、春夏秋冬のどれに当てはまるかを診断するというものでした。

さらには、タイプごとに似合う色のチャートもついており、買い物に行く時に持って行き、そのチャートに沿った洋服を買えば、間違いなし! という親切さ。

会社でいろいろな人に診断してもらい、私はまがうことなき「ウィンタータイプ」であることを発見。さらに色は黒いので、似合う色はというと寒色の原色系、黒と白に限られることも判明。なるほど、「パステルカラーがちっとも似合わないわけだ」と深く納得したのでした。

以来、たまに失敗はするものの、色黒ウィンター向けのカラーで統一し、大失敗はなくなったわけです。

しかし、ムクムクと悪い癖が。ついつい他人を春夏秋冬に当てはめたくなるんですよね。もちろん面と向かって伝えるのは感じが良くありませんし、できるだけ考えないようにはしているのですが。

我が夫! 絶対スプリングなんですよ。それも色白。パステルタイプがめちゃ似合う! なのに、本人はマッチョな色を好み、黒や紺ばかり。顔色が悪く見えるったらありゃしない。一度、洗濯が間に合わず、いやいやプレゼントでもらった明るいシャーベットグリーンのポロシャツを来たときは、皆に爽やかだと褒められまくったのでした。それを見て、「やっぱし…」と、思う私。

しかしですね、このカラー診断。アメリカ人にとってはいかがなものでしょうか? だって、ポリティカリーコレクトネスの観点から見ると…。 それに夫同様、「好きな色ぐらい着せてくれよ!」、「誰が何と言おうと、私はこの色を着るの!」って人ばかりじゃないでしょうか? そんなところに、「あら、あなたはサマーだから、アースカラーはご法度よ!」などと言おうものなら、野暮この上なし。

春夏秋冬だけでも厄介なのに、さらに最近はブルベ、イエベというものまであるそうではありませんか。これは主にメイクの時に使う肌色診断で、「べ」とは「ベース」の略だそうです。なぜ、そんなところまで略すかね?

私は色黒なので、つい最近まで自分をイエベと固く信じておりました。しかし、一度間違えて、ブルベ用のファンデーションを買ったところ、これをつけたら顔色が良く見えるではないですか?  で、いろいろと調べてみたところ、色黒にもブルベというものがあるそうで。

その見分け方は、指の先を軽く圧迫して、その色がオレンジ色ならイエベ、バラ色ならブルベだそうですよ。やってみたら、バラ色に見えますが、角度によってはオレンジにも…さらに、その中間の「グリベ(グリーンベレーじゃなくてグリーンベース)」というものまであるそうで…。

春夏秋冬に加えて、イエベ vs ブルベとは、どこまで複雑なのやら。

先日、仕事でジュエリーの撮影をしたんですよ。とっても可愛らしいローズゴールドのリングをみつけて、「ちょっと欲しいな〜」と思ったのですが、途端に自分の頭の中から、「ローズゴールドはスプリング向け! ウィンターはシルバーもしくはシルバーゴールドを着用のこと!」という厳しい一言が呪文のように湧きあがってきたのには参りました。おかげで、似合わないものを買わなくて済んだのはよいのですが、楽しめないったらありゃしない!

さらには、最近は骨格診断というものまであるそうで……絶対骨格診断には手を出すまい! さらに呪縛から逃れなくなりそうですからね。

私も夫のように、「疲れて見えて何が悪い! 自分が好きな色を着るだけじゃー!」などと、そのうち吹っ切れてしまうとは思いますが。

激ウマ、プリモポップコーン!

ハワイの味、プリモポップコーン

ネーミングにも凝った、ハワイならではの味

今までのポップコーンは何だったの? と、言いたい

Primo Popcorn
ジャンル:スナック
プライス:一袋$5くらいから
★★★★★(★5個が最高)

「プリモポップコーン」に出会ってから、ポップコーンの美味しさを再認識している今日この頃です。紋切り型の表現で申し訳ないのですが、まさに「ワンランク上」という言葉がぴったり。奥の深いポップコーンなのです。先日行われた「メイドインハワイフェスティバル」でも、もちろん初日にゲットいたしました。

子どもの時は、ポップコーンの魅力が正直あまりわかりませんでした。時々フライパンで炒ったりして作ったことはあるものの、なんだかフニャフニャして歯に挟まるし、途中で飽きてしまいがちでした。

今思うと、圧倒的に味が足りなかったんですよね! ハワイに来て、アメリカ人がポップコーンを大好きな理由が、少しわかった気がします。その魅力を担うのは、フレーバーなのですよ。それだけでは味も素っ気もないポップコーンを引き立てるには、濃い塩味にこってりバター味など、過剰なフレーバーが必要なのですね。

私が日本で作っていたポップコーンは、バターもなく、塩も申し訳程度にパラっとふりかけただけだったので、だからいまいちパンチが効いていなかったわけですね。

映画の時には、たっぷりバターをかけ、カキモチ(日本で言うところのアラレのことですね)とフリカケをザクザク混ぜ込んだものを、モリモリっと食べるのが、ハワイのデフォ。この組み合わせ電子レンジで簡単に作れるハリケーンポップコーンというキットも人気です。

でも、もう少し上品に行きたい方には、プリモポップコーンをお勧めします。プリモポップコーンは、ハワイのサンドアイランドに工場とお店を構える、家族経営のグルメポップコーンブランドなのです。

そのフレーバーは、甘いものから辛いもの、ちょっと変わったものなど、山のようにあります。 ネーミングも凝っていて、「Wasa Ranch(わさび&ランチドレッシング味)」とか、「Ahhh…Natto(納豆味)」、「Poi Dog(ホワイト、ミルク、ダークチョコのミックス)」などなど、思わずニヤッとするものばかりなのです。

今回購入したのは、お料理チャンネル「フードネットワーク」の「全米ベストポップコーンTOP31」にも選ばれた、「マックナッツペスト(マカダミアナッツペスト風味)」とバターたっぷりの「ムービーナイト」の2種類。

どちらも期待を裏切らないしっかりとしながらも、後口は上品な味わいで、すっかり大満足したのでした。次はどのフレーバーを試そうかな?

プリモポップコーンのウェブサイトはこちら:primopopcorn.com