感じの良さが際立つ店:レストランレビュー

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

地元の3世代ファミリーに心から支持されるお店

魚卓(パールシティ店)

場所:オアフ島パールシティ、ワイマル
ジャンル:和食
プライス:ランチ$15、ディナー$22程度
★★★★★(★5個が最高)
ウェブサイト:www.gyotakuhawaii.com

ホノルル(マッカリー)、パールシティ、アイナハイナ、カイルアに支店を持つ、ハワイの和食チェーン、魚卓(ぎょたく)。特にパールシティ店は我が家のお気に入りで、月に一度は足を運ぶほどです。

これといってグルメなわけでもないし、オシャレでもない(アイナハイナ店はおしゃれだけど)、でもなんか落ち着くんですよね。

行くところがなかなか決まらない時、「魚卓にする?」というと、誰もが膝を打って「ああ、その手があったか!」というような。

かなり大きなお店なんですけど、いつ行ってもローカル・ファミリーで大にぎわい。それも3世代ファミリーが多いです。子ども向けのメニューも、シニア向けのメニューもあるからでしょうね。

ちなみに月曜と火曜の夜は「キッズ・イート・フリー」の日。大人たちがアントレを注文すると、子どものメニューが無料になりますよ。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
今日は義母の誕生日なので、家族揃って魚卓に集まりました。姪の出産予定日が迫っているので、できるだけ近場ということで魚卓へ。でも出産にはまだ数日かかりそうです。

ここのメニューは写真入りの豪華なもの(写真下)。お腹が空いているときにみると、どれも欲しくなってしまうのですが、結局定番の「忍者丼(スパイシーアヒと天かす、アボカドの丼)」(写真上)を注文しました。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記他に、よく注文するものとしては「八坂弁当」(写真下)も。コンパクトな8角形のお弁当箱に、お寿司と天ぷら、鳥の照り焼きが入っていて、見た目によらずボリューム満点です。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記今日は注文しなかったけど、ポケ丼定食や3品選べるコンビネーション定食もなかなかおすすめ。お寿司も握りから創作巻き寿司まで、色々と揃っています。

ちなみにお寿司は玄米を選ぶこともできますよ。糖尿気味の人や玄米食実践中の人も安心、安心。

ここのお店の人気を支えているのは、なんといってもサービスではないかと思うんです。お店で働いている人たちは、ローカルの若い男の子、女の子が多いんだけど、いつもとてもにこやかで、いい感じにフレンドリーなんですよね。

さらに、こちらの希望に合わせて、かなり融通を利かせてくれるんです。たとえば、定食の中の1品を他のものに交換してくれたり、ソースが美味しいと言ったら、多めに別皿で持ってきてくれたりね。

お店の人みんながニコニコして、仲が良さそうなのも微笑ましいし、混んでても誰もイライラした様子を見せず、爽やかなのです。

性格のいい子ばかりを採用しているのか、それとも社員教育が行き届いているのかわかりませんが、働いている人々の「イヤイヤやってる感」が皆無なのが気持ち良いです。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記
最後はもちろんデザートで〆。ここには和風デザートがあれこれ揃っています。どれも美味しいけど、写真のオキナワン・スイートポテト・ケーキ(紫芋のケーキ)は絶品です。甘すぎずポクッとした食感がなんとも言えません。

デザートを食べてくつろいで、お店を出る時、いつも爽やかな笑顔で挨拶してもらえるので、よしまた来よう…となるのです。

しばらくたって外食しようとなったとき、どこに行くか悩んで、「あ、魚卓があった」と膝を打ち、また良い気分を味わって帰る、と。永遠に続くこのループにはまり込んでいるローカル家族はかなり多いものと思われます。