今日のランチはメキシカン:レストランレビュー

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

タコスとブリトーのコンボ

ワードビレッジのメキシコ・カンティーナへ

メキシコ・カンティーナ

場所:オアフ島ワードビレッジショップス(ワードセンター内)
ジャンル:メキシコ料理
プライス:ランチ($15程度)、ディナー($25程度)
★★★★(★5個が最高)
ウェブサイト:www.mexicocantina.com

大忙しのホリデーシーズンも終わり、ホッと一息。夫婦とも久々に仕事の入っていない土曜日なので、ランチを食べに行くことにしました。

いつも外に食べに行くときは交互にお店を選ぶのですが、どうしてもマンネリ化してしまいます。なので、今日は、昨秋にオープンしたとは聞いていたものの、まだ足を踏み入れたことのなかった、ワードビレッジ(旧ワードセンターズ)内のメキシコ料理店、「メキシコ・カンティーナ」に行ってみることにしました。

ここは以前同じメキシコ料理のお店「コンパドレス」があったところ。コンパドレスは随分と人気があったのですが、惜しまれつつも閉店。その後他のメキシコ料理店も入りましたが、しばらくは空き家になっていたんです。

そこに、新しくお店を開いたのが、スクール・ストリートにある名店「メキシコ」のオーナー。期待に胸を膨らませて、踊り込みました!

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

店内は天井が高くて広々しています

店内はコンパドレス時代とほとんど同じですが、メキシコの素朴な民芸品がさりげなく飾ってあったりして落ち着ける感じ。窓からアラモアナ公園も一望できます。テラス席もあって、夜にはマルガリータ片手に盛り上がれそうですよ。天井が高いのもいいですね。

お店に入るとすぐ、無料のトルティーヤチップスとサルサを持ってきてくれます。サルサが手作りっぽくて美味しい! メニューもかなり充実していて、シーフードやベジタリアン向けのページもあります。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

無料のチップスとサルサをつまみつつメニューを検討

散々悩んだ末に、夫はチキンタコスとチキンブリトーのコンボ(一番上の写真)、私はカニのケサディヤ(写真下)を注文。

ケサディヤとは、トルティーヤを2つに折って、間にチーズと具を入れてギュッと押し付け焼いたもので、パリッとした皮ととろけるチーズのコンビネーションが美味しいのです。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

カニのケサディヤ。カニ肉たっぷり!

それぞれ、メキシカンライス(オレンジ色のスパイスを効かせたピラフ)とリフライドビーンズ(ウズラマメを柔らかく煮て潰し炒めたもの、チーズがかかっている)が付いてきます。

野菜もたっぷりで、大きなお皿から溢れそう。小食な人なら3人前というくらいの量です。

どちらも分け合ってちょっとずつ食べてみましたが、カニが特に美味しかったですね。カニ肉がぎっしりで、酸味のあるマンゴーサルサとアボカド、サワークリームとともに食べると、うっとりするほどでした。

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

窓際のテーブルからはアラモアナ公園が一望のもと

夫はメキシコ料理が好きですが、糖尿気味なので、極たまにしか食べません。私もさほどメキシコ料理のファンというわけではないので、結構プライオリティは低くなりがちなんですが、たまに食べると美味しいものですね。

お店の人のサービスも感じが良かったし、のんびりとしたひと時を楽しむのには最適なレストランだと思います。量がすごく多いので、シェアしたほうがいいかも。私たちはお持ち帰りして、夜食に楽しみました♪