最近のハワイはタコ(蛸)ブーム?

大阪人の私には嬉しい限り

でも究極のタコ料理はやっぱり…

場所:あちこち
ジャンル:あれこれ
プライス:いろいろ
場所によって★の数も様々

最近、ハワイのレストランで、美味しいタコ(蛸)を食べる機会が、すごく多くなったように思います。

撮影や試食イベントなどでも、工夫を凝らしたタコ料理に出会うことが多く、もしかしてタコブーム到来? とちょっとワクワクしているのです。

今日もニーマンマーカス内のマリポサで新シェフのお料理が披露されたのですが、前菜に出てきたタコのグリルが秀逸でした。タコは柔らかすぎず硬すぎず、香ばしく炙った風味が最高! 付け合わせはポテトやベーコン、そら豆などで、シェリー風味のヴィネグレットソースでいただきました。

タコを使ったお料理が多いな〜と気づいたのは、ここ1年〜2年ほどのことでしょうか? シーフードレストランはもちろんのこと、イタリアン、和食、B級グルメまで、タコのサラダやグリル、煮物など、美味しいタコ料理によく出会います。

私は大阪出身なので、タコにはなみなみならぬ思い入れがあります。たこ焼きはもちろん、おでんの中の柔らかく炊いた蛸の足、酢味噌和えなども大好き。ハワイに来てからは、タコポケが大好物です。

でも、タコって、アメリカ人にはそれほど一般的ではないな〜とずっと思っていたのです。なのに最近は、グルメな人々を中心にタコ料理がもてはやされている様子。ハワイは海に囲まれた島国でタコも獲れるのだから、「もっと愛されてしかるべき」と思っていただけに、とても嬉しいです。

凝ったタコ料理もいいけれど、でも私が一番憧れるのは「タコの丸かじり」。ご存知東海林さだおさんや椎名誠さんのエッセイに出てくる、八丈島で獲ったばかりのタコを、炭火で焼いて頭からアグアグ…というのに、ずっと憧れているのです。いつか挑戦してみたいものです。