あのキンケイズのサーモンが!

ワードセンター2階の

ライアンズで食べられるとは!

場所:Ryan’s ワードセンター内
ジャンル:アメリカ料理
プライス:ディナーで1人$20〜30ぐらい
★★★★(★5個が最高)

先日、ワードウェアハウスが閉鎖される直前に、思い入れたっぷりに、夫との初デートの場所だった「キンケイズ」について書いたわけですが↓

■ワードウェアハウスに心からアロハ…

そのキンケイズの定番メニューが、他のお店に受け継がれていることを発見し、小躍りしてしまいました。

私と夫はよく仕事の後に外食し、その日あったことなどをあれこれ語る時間を設けています。共働きで子どもがいないので、外食率は高いかもしれません。

私は仕事柄、新しいお店なども試してみるのが好きですが、夫はさりげなく居心地の良い店でまったりと過ごすのを好んでいます。なので毎回交代でお店を選びます。

昨日は夫の希望で、地元の人々に大人気のワードセンター内のライアンズへ。ちなみにワードセンターは、ワードウェアハウスの隣にあるショッピングセンターですが、こちらは今の所取り壊される予定はありません。

ライアンズは、特にこれと言っておしゃれなわけでもないのですが、バーエリアが広く、カクテルとププ(おつまみ)でまったりと和むことができるので、地元の人々で常に賑わっています。

やや混み合うバーエリアを抜けて、奥のレストランへ。フレンドリーなウェイターさんがメニューの説明をしてくれました。

「今日のスペシャルはシアードアヒ(マグロのたたき)にサーモンのグリルですよ」

そのあとにさらっと

「あのキンケイズのレシピですよ」

だって!

ライアンズとキンケイズって同系列のお店だったんですね! もしかしたら、周知の事実なのかもしれませんが、全然考えたこともありませんでした!

さっそくオーダーしたサーモンは、確かにキンケイズの味! もちろんデザートはバーントクリーム(クレームブリュレ)を注文しましたよ。

ライアンズといえば「ププが充実したバー」というイメージを抱いており、レストランエリアにはほとんど足を踏み入れたことがなかったので、今まで気づかなかったのでしょう。

なんだか「初恋の人が案外近くに住んでいた」ような、嬉しいけれどやや現実的な気分になったのでした。