月に一度の糖質解禁日、チャイナタウンで飲茶

飲茶激選区のチャイナタウン・カルチュラル・プラザ

比較的空いていたウォンキー・シーフード・レストランへ

Won Kee Seafood Restaurant
ジャンル:飲茶
プライス:1人$12程度〜
★★★(★5個が最高)

先日糖質制限ダイエットのことを書いたばかりですが、ここしばらくずっとサラダ&たんぱく質(特にポケ多し)という組み合わせばかりの私たち。既にこのパターンには慣れてしまったのですが、たまには解禁日を設けないとストレスがたまってしまいます。

ですので、月に1日ほど、炭水化物も摂る日を設けることにしました。名付けて「チート・デー(ズルする日)」。といっても、目一杯炭水化物を食べて、せっかくのダイエット効果が元の黙阿弥になるのも悲しいので、朝食かランチ時にのみ解禁ということに。

今月のチート・デーは、お昼過ぎに飲茶に行ってきました。ハワイに飲茶のお店は数多くありますが、人気店が揃っているのが、ハワイ出雲大社近くの「チャイナタウン・カルチュラル・プラザ」。パーキングも潤沢にあるので便利です。

まずは「大班點心(タイパン・ディムサム)」をチェック。ここは小ぶりのお店の中にギューギューにテーブルが並べられていて、座る場所によっては、外に出るのも一苦労というスリリングなお店。しかし、一品一品はとっても美味しいのです。覗いてみたところ満席。外にもたくさんの人が待っています。

なので、川沿いに出て、「Fook Lam(福臨門海鮮酒家)」へ。ここはちょいと広めのお店なのですが、やはり大混みです。チャイニーズの大家族がいっぱい。かなりの待ちが予想されたので、そのまま川沿いを南下してご存知「レジェンド」へ。

「レジェンド」は日本からの旅行者にも大人気ですよね。他に比べるとゴージャスな感じで、お店もテーブル間も広いので落ち着きます。ただし、ここも激混み。やはりお正月休みのお昼時に飲茶というのは無謀だったか、と。

レジェンドのお隣の「ウォンキー(皇城海鮮酒楼)」も飲茶をやっているはず…と、覗いてみたら、テーブルが数卓空いていました。さっそく踊りこみましょう。ところで、ここの漢字表記って変わったのかな? 昔は「旺記」だったような気がしたけど。

飲茶のお店でワゴンが回ってくる場合、最初にガッツリと取らないと、その後全然やって来ずヤキモキするということが多々あります。だからといって、何を食べるか心の準備ができていない場合、言われるままに同じようなものばかり取ってしまったりして。

とりあえず4種類ほど飲茶を選んでワクワク。どれもジューシーでとても美味しく、プリッとした食感もたまりません。うーん、幸せ。

…が、「今日は解禁日だぞー!」と、夫婦揃って乗り込んだものの、食べているうちにだんだん罪悪感が。

いけません、いけません。やはり炭水化物が多すぎる。と、いうわけで、腹八分目でお店を後にしました。

食が進まなかったのは、決して飲茶が美味しくなかったわけではないのです。むしろ、激ウマすぎて、私たち自身が妙な罪悪感を感じてしまったからなのですね。

げっそり痩せた暁には、もっともっとたくさんの種類を食べようと誓ったのでした。