介護

芋虫がキャベツの葉を食むように

皆様に感謝

hometown
今回はちょっと重いですけど、ごめんなさいね。

なんという1週間だったんだろうと思っています。今、誰もいない実家で、ようやくPCに向かい、ブログをぼちぼち書いています。障害のある妹より、母と共々入院することになったと連絡があったのは先週のこと。

今年3月の父の死後、うまく泣けずにうつ状態に落ちていた母の調子がお盆以降さらに悪くなり、発達障害のある妹が一生懸命介護したのですが、キャパを超えたようでパニック状態となり、共倒れしそうになっていたところを、ヘルパーさんにより発見されました。そしてかかりつけの医師の判断で、急遽2人そろって心療内科へ入院となったわけです。

九州より叔母が急いで駆けつけてくれ、私も直ちにチケットを取り、日本へ飛びました。このような非常事態に、快く送り出してくれた夫と職場に感謝です。仕事に穴をあけるわけにはいきませんので、仕事で使っているラップトップをもって、日本へ。チームの皆さんに多大な迷惑をかけてしまっているのですが、皆さんが私の分の仕事もたくさん分担してくださり、本当に恐縮しています。

叔母と入れ替わりに実家に滞在しつつ病院へ。また、ケア・マネージャーさんや銀行の担当者の方、主治医の方やご近所の方と次々と会い、今後の方針についての話し合いを続けています。

病院では母と妹は一緒の部屋におり、優しい看護師さん、介護士さんの、真摯でプロフェッショナルな対応で、2人とも少しこざっぱりとし、顔色も良かったので、安心しました。

また、叔母やご近所の方が家の冷蔵庫や掃除を済ませてくださっており、また、新聞や生協も一旦止めてくれたので、しばらくは大丈夫な状態となりました。

家に帰って、父の写真に手を合わせ、「何故こんなことに…」と思っていると、どうしようもなく涙があふれてきたのですが、なにせ私のメンタルはかなり弾力性がありますので、物事をしっかり受け止めて、最善の方法を考えていかないと、と。すぐ立ち直りました。

明日は今後の治療法について、病院の担当者の方と話し合いを行います。やることはたくさんありますが、芋虫がキャベツを食むように、確実に少しずつこなしていこうじゃないかと、腕まくりをするような気持ちになりました。火曜日夜にはハワイに戻ります。

しばらくは2ヵ月に1回ぐらいは日本とハワイを行ったり来たりしないといけませんが、どうにかやりくりしてなんとか頑張っていくつもりです。いやあ、こんな困難に見舞われるとは思わず、ハワイでのんびりやっていましたが、この試練は自分を成長させる糧なんだと思うんです。誰もが通る道なんですよね。

本当に、皆様に心より感謝です。

2015年 春の日本ふむふむ旅ー2(持ち物編)

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

日本ではなんでも買えるけれど…

絶対忘れちゃいけないものは?

第1回より続き)
春の日本ふむふむ旅(略してふむ旅)、第2回目は「持ち物編」です。

絶対忘れてはいけないものを★★★、
なくてもなんとかなるものを★★、
なくても大丈夫というものを★、
と、星の数で分けてみました。

これはもちろん私たちの場合なので、旅の目的によってもちがいますよね。

パスポート ★★★ これがないと出国できません。
クレジットカード ★★★ Eチケットを印刷したり、ホテルの予約確認などに何かと必要かと。
いくらかの現金 ★★★ 日本はまだまだ現金強し! 手持ちの日本円と合わせて、夫の分は日本の空港で換えました。
てんかんの薬、ケプラ ★★★ これだけは絶対忘れてはいけないのです。もしものためにやや多めに。
その他常備薬 ★★★ 薬は慣れたものが一番
携帯電話 ★★★ 私はiPhoneを愛用しているのですが、日本でポケットWi-Fiを借りて使用しました。
携帯の充電器 ★★★ 日本でも買えるけど、電池切れ恐怖症の私には必ず必要
ラップトップ(仕事用)★★★ 日本でもお仕事するので必須。コンセントの形が違うのでアタッチメントも忘れずに。
メガネ&コンタクト用品 ★★★ 普段はコンタクトなのです。
アザラシのぬいぐるみ ★★★ 恥ずかしながら今回は小型5匹!これがないと安眠できないのです。
筆記具 ★★★ 飛行機の中で書類を書くのにも必要です。

一眼レフカメラ ★★ スマホでも写真は撮れるけど、やっぱり持っていきたくて。
カメラの充電器 ★★ これまた電池切れ恐怖症の私には必須。
着替え(洋服&下着) ★★ ハワイの人々は普段からかなりカジュアルなので、いつもよりややきちんと目のものを用意。
アクセサリー類 ★★
小型バッグ ★★
歩きやすい靴 ★★ 日本ではとにかくよく歩くので、足に合ったものを。
お土産 ★★ 家族や友人へ。配分方法をちゃんと考えていかないと、足りなくなることも。
化粧品 ★★
洗面用具 ★★ ホテルに付いていたけど。

本 ★ 全然読む暇がありませんでした。
タブレット ★ 思ったほど使いませんでした。
サングラス ★ 日本ではあまりかけている方を見かけませんでした。

とりあえず以上をスーツケース大1、小1に詰めて持っていきました。

なお、Wi-Fiは空港でレンタルしましたが、仕事で画像などをアップしたりするのには不向きでした。
泊まったホテルには、どちらとも無料Wi-Fiのサービスがあったので助かりました。

さて、いよいよ出発です。夫にとっての初海外、どのような旅になるのでしょうか!?

(2015年 春の日本ふむふむ旅ー3に続く)

2015年 春の日本ふむふむ旅ー1(計画編)

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

海外初めて、日本語超初心者の夫を伴って東京・大阪へ

旅でいちばん楽しいのはプランニング!?

「早く書かなくちゃ〜」と思いつつ、もう7月も目の前! 記憶がはっきりしているうちにこの春の東京&大阪旅行記をアップしないとと、焦ること2カ月、今日やっと着手することができました。

旅のタイトル:2015年春の日本ふむふむ旅

期間:4月20日〜5月4日(ハワイ時間)

メンバー:
私(ハワイ在住16年。あまりにもハワイに同化しすぎ、日本出身の日本人と思われることは皆無。昨年大人のてんかんを患ったが、薬が合って驚くほど回復し、主治医からも旅行の許可が出る)
夫(ハワイ生まれ育ちのマジシャン&腹話術師。高校時代に日本語の授業を取ったものの、ほとんど忘れている。パスポートのいらないメキシコ・ティファーナを除き、これが初海外)

スケジュール:ホノルル→東京(ホテル3泊)、東京→大阪(ホテル3泊)、夫帰国、私のみ日本の自宅に8泊

旅の目的:
認知症の進む父に会いに行くこと、母の手伝い。でもその前に観光、グルメ&ショッピング。

予算:今回は夫の初海外なので、ある程度無理なく楽しめるように、太っ腹に組みました。一番高くついたのはホテルかな?

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

夫が日本を訪ねるのは今回が初めてです。というのは、夫は毎週土日にマジックショーを行っておりなかなかお休みが取れないこと、さらに私たちは義母と同居しており、私たちが留守の間ずっと義母の面倒を見てくれる人を探すのもなかなか難しい、ということから、何度か私だけで日本を訪ねてはいたのですが、夫婦揃ってはなかなか実現できなかったんです。

でも、今回はたまたま夫のショーがキャンセルとなり、コロラド州からハワイを1カ月間訪問中の義妹が、快く留守番を引き受けてくれたたため、晴れて日本を訪ねることに。これが決まったのが旅行の2週間ほど前だったので、バタバタで旅の手配を始めました。旅行会社は通さず、すべて個人手配です。

普段は大阪しか帰らない私ですが、今回は夫の初来日ということで、東京も組み込むことに。東京と大阪の気質の違いなども面白いかな、と。

まずは飛行機をおさえないとどうにもなりませんよね。私たちはハワイアン航空を愛用しているのですが、なぜか私たちの出発日のみ、異常にお値段が高いっ!片道$3000とかします。なので、その3分の1以下のお値段のユナイテッドをおさえました。座席も隣同士でとりあえずホッ。

帰りは別々に無事ハワイアンで取ることができました。

さて、次はホテルです。このホテル選びが一番楽しかったかも。今回は夫の初来日なので、予算は私たちにしては高めに設定しました。だから、かなり選択肢が多く、そのなかから、ロケーション、アメニティ、お部屋の感じなどをあれこれ比較しつつ、口コミサイトなどもチェック。

東京は、以前出張の時に一度泊まったことがある「ザ・プリンスパークタワー東京」、大阪は実家まで乗り換えなく電車一本で行ける「スイスホテル南海大阪」を予約しました。

バタバタでしたが、すべてスムーズに進み、あとは出発を待つだけです!

2015年 春の日本ふむふむ旅ー2に続く