働く

継続は力なり

いつまでも少し担っていたい!

iolani

ずっと2つの仕事をしています。物価の高いハワイではいわゆる2ジョブは珍しくないし、共働きがほとんどだから、全然特別なことではないんだけど、少し働きすぎではないかと思うこともあります。

病気になって休職した時も、結局ずっと家で記事を書いたり翻訳したりしていたし、そのまま辞めることもできたのに、病気が治るや否や復職してしまいました。

なんのために働くのだろうと考えると、やはり「好きだから」の一言に尽きるのではないでしょうか? 時に驚くほど理不尽なことがあったり、オフィスポリティクスがえげつなかったりとかもあるけれど、そういったところも含めて、やっぱり働くのが好きなんですよね。

今日、取材で某人気アパレルメーカーの工場見学をさせていただきました。そこで黙々と手を動かしておられた上品な年配の女性、もう50年以上も働いておられるそうなんです。毎日毎日、ずっと素敵な洋服を作ってこられたのだなと思うと、なんだかジーンときて、「継続は力なり」という言葉が浮かびました。

私がいる業界では、正直年配になったら働き難いとは思います。だから、若手育成に励まなければとも思っています。でも、なんらかの道を切り開きつつ、80才、90才になっても社会の一部をちょこっと担っていたいなとしみじみと思ったのでした。

頑張ろうっと♪

人生の分岐点!?

やりたいことに優先順位をつけ、一つ一つ最善の方法を書き出していくと…

 

alohaelixir

人生の分岐点なんて書いてしまうとやや大げさですが、来年あたりから生活を少し違う方向にシフトしていけたらと思っています。

現在の生活は仕事が7割、家庭が2割、趣味が1割という感じで、いまいち友人たちと過ごす時間が持てていないし、旅行などにも全然行けていません。

私たち夫婦には子どもがいないので、その分家庭に割く時間が少ないともいえますが。それにしても、仕事人間すぎますよね。仕事は大好きだし、アイデアはどんどん湧いてくるし、ずっと働いてはいたいのだけど、いつまでも現役で突っ走っていると、若手の活躍の場を阻むことになると思うんです。となると、このインダストリー自体の活性化にも影響してくるわけで。

なので、もう少し、メンター的役割というのかな? 新しい世代にどんどん頑張ってもらって、私は後方を固めたいなと思うんです。そのためにも、もっと若手が働きやすい環境づくりに取り組みたいし、私の仕事形態も変えていけたらな、と。

日本の母親と妹を引き取るべきかどうかという課題もあるし、もっと勉強したいという気持ちもあるし、夫とのビジネスも軌道に乗せたいし。

と、やりたいことが山積みなので、まずは何が最も大切なのか、優先順位をつけて、一つ一つ最善の方法を書き出していくことにしました。うん、進みたい道筋が見えてきた! よし、なかなか澄んだ気分です。あとは、踏み出すのみ。

この前向きな気分を持続させながら、アロハ・エリクサー(仕事を通じて知ったアロマ・キャンドル。目的ごとに最適なアロマオイルやパワーストーンが配合されているんだって)でも炊いてみようっと。