脳神経外科

脳神経外科の定期検診

懐かしさと同時に

checkup

半年に一度の脳神経外科の定期検診でクアキニ病院へ。

久々に出かけた病院は、今となっては懐かしい感じすらします。受付の女の子はそのまま。全身タトゥーだらけでやや強面の女の子ですが、笑顔がとても優しく、今日はさらにゆるゆるのリラックマ系のくまさんTシャツ着用でした。

検査諸々を終えて、診察室で待っているとH先生登場、相変わらず良い感じです。一見怜悧に見えて、冗談が面白く笑顔がとても素晴らしい先生なのです。

いつもの検診もさささっと終わり、もうすっかり問題もないのだけれど、念のためケプラはもうしばらく続けなければならないとのこと。仕方ありませんね。

思えば、初めて脳神経外科を訪ねた時は、本当に心細かったな〜なんて。1年半前のことを感慨深く思い出してしまいました。なんだか、自分のことではないような気もします。当時必死で書いていたこのブログを読み返してみて、「ああ、そうだった、そうだった」と。

いくら調子が戻ったからといって、ごう慢になってはいけませんよね。今もたくさんの方々が、病気に見舞われ、絶望的な気持ちで過ごしておられるのですから。

そう考えると、お医者さん、看護師さんなど、お世話になった皆さんに心から感謝の念が湧いてきますし、家族の支え、自分の幸運も、しみじみありがたいと思えます。そして、何か自分にできることを見つけて、実践していかなければならないな、と。

このブログももちろん一助に慣れば嬉しいですが、もっとボランティアとか寄付なども考えていかなければ。

鼻ツン闘病記28:2ヵ月ぶりにホームドクターへ

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

いつ訪ねても皆が優しいクアキニ病院界隈

血液検査と心電図の結果は?

今日は通院日。脳神経外科ではなく、ホームドクターのもとへ。2ヵ月ぶりになります。今日は血液検査と心電図の検査です。あと、ちょっとした問診も。

ホームドクターのT先生のオフィスは、クアキニ病院内にあります。ホノルルのダウンタウンの北側、リリハとヌウアヌ地区の間あたり。近くにはココパフ(チョコレート味のプチシュークリーム、激ウマ)で有名なリリハベーカリーも。

正直で腕の良い小さな自動車修理工場(夫の同級生兄弟が営んでいます)や、昔ながらの小さなレストラン、雑貨屋さんが並ぶ、ノスタルジックな界隈。日系人が多く、すぐ近くには在ホノルル日本国総領事館もあります。

スクールストリートの方まで降りると、フィリピン系の人々、反対方向のロングス(パリ店)辺りに行くと中国系の人々が多いかな?

さてさて、T先生のオフィスへ。壁には患者さんたちから届いたクリスマスカードや年賀状がずらりと飾ってあります。

「しまった、我が家ったら夫婦でお世話になっているのに、カードを出していなかった!」自らの怠慢さを反省です。

今日は血液検査と心電図です。検査の結果はすぐ出ました。驚くべきほどに、前回から数値がすごく良くなっていました。コレステロール値も平均よりずっと低かったし(この間焼肉大食いしたのに)、かなりの健康体でした。

ああ、これで、てんかんでさえなかったら。

心電図を撮ってくれたのは、新しいインターンの学生さん。これまた爽やかな日系人の女の子で、ひたむきな感じの小柄なポニーテールさんでした。

ここのインターンさんは、皆すごく感じが良くて、応援したくなります。将来はお医者さんとして頑張ってね!

検査中、先生は作業をしながらマジック話に熱中!先生のご家族は、夫がプロデュースしたホリデーマジックショーを見に来てくださったそうで、お孫さん達は大喜びだったとか。

実は先生、娘さんが小さい時に、一緒にマジック教室に通っていたことがあるそうで、だから毎回夫のマジックをリクエストしてくれたんだな〜と、初めて合点がいきました。

なるほど、元から手品好きだったのね。今日はインターンさんが忙しかったので、マジックを披露する時間はなかったけれど。

嬉しいことに、どんどん復調しています。ああ、これでてんかんでさえなかったら…って、仕方ないけどね。のんびり頑張ります!

鼻ツン闘病記29へ続く)

鼻ツン闘病記27:ケプラと眠気

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

眠気のパターンと仕事のリズム

急がば回れ

以前鼻ツン闘病記12で、抗てんかん薬ケプラ(イーケプラ)の副作用は、「脱力感と激しい眠気」とご紹介させていただきました。

服用後、2時間ほどしたら猛烈な眠気に襲われます。とにかく座ってられないほどの眠気で、1時間ほど仮眠すれば大丈夫なのですが、やはり日中から眠るのには罪悪感があります。

いままでずっとフルタイムで働き、さらに副業まで持っていたので、寝る時間がすごくもったいない気がするし、「世間の皆さんは働いているのに」と思うと、むやみに焦る気持ちもあって、家でも寝るときに言い訳ばかり。

「5分ほど目を休ませるよ」とか、「ケプラの副作用をやり過ごすよ」とか、誰にでもなく呟いています。

申し訳ない、恥ずかしいと思っているのは、過去のバリバリ働いていた時分の私に対してなので、誰が見ているわけでもないんですけどね。

以前は、家にも仕事を持ち帰って遅くまで働くこともしょっちゅうでした。それでもさほど疲れませんでした。しかし、病気になってからは驚くほど耐性がなくなりました。集中して頭を使うと、すぐ閃輝暗点が起こります。

色々と効率を考えたり、集中してガーッと仕事をこなして、周りから「早い!」と驚かれるのが何よりも快感でしたが、脳を酷使しすぎてしまったのかも知れませんね。

今でも昔の癖が抜けず、ついつい「早い」と言われたくて、極限までアクセルを踏み込んでしまうことがあります。誰も見ていないのに。

でも、今はスローダウンするとき。「急がば回れ」ですよね。今でも仕事のことをあれこれ考えて、現場の夢ばかりを見ていますが、ゆっくり取り組んだ方が良い仕事ができる場合もあると信じて。

ネガティブにならないよう、常に物事のサニーサイドを見るように頑張らないと。

とりあえず、頭を錆びつかせないように、このブログだけはスピーディに書くようにしています。そして、自分だけで「今日もなかなか素早く書けた!」とドヤ顔をしています(笑)。

ところで、明日はホームドクターの検診日。何か新しい進展があるかな?

鼻ツン闘病記28へ続く)

鼻ツン闘病記26:社会復帰への第一歩?

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

光と音は苦手だけどカラオケに行ってみた

発作も起きず、無事に戻ってきました。ケプラのおかげかな?

以前鼻ツン闘病記18で、てんかんになってからこれをすると調子が良くないというものを紹介しました。

それは、

1)大きな音を聞く
2)激しいストロボ照明のようなものを見る
3)赤ワイン
4)ダークチョコレート

今日はこの条件のうち1)と2)がバッチリとかぶっている「カラオケ」に行ってしまいました。

以前の職場の同じチームのみなさんにお招きしてもらい、韓国料理を食べに行き、流れで「カラオケでも」ということになったのです。

一瞬、「大丈夫かな?」と思ったのですが、お世話になったみなさんに会えたのが嬉しいし、ケプラも服用したし、ということで意を決して参加。

もし調子が悪くなったらすぐ外に出ようと思っていましたが、全然大丈夫でした、無理はいけませんが、ちょっとしたことで、自信が付くものですね。

過信しないように戒めつつも、少しずつ「社会復帰(というと大げさだけど)」をして、以前のように元気いっぱいになりたいな〜と心から思ったのでした。

小さいことですが、一歩ずつ。

ケプラとともに皆様に感謝したいと思います。

鼻ツン闘病記27へ続く)

鼻ツン闘病記25:甘美なローションの香り

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

ケプラのおかげで鼻ツン改善

ローションの良い香りを久々に嗅ぎました

私がてんかんと診断される前、「おかしいぞ」と思って病院に行ったきっかけは、嗅覚の異常でした。何もしないところで海藻臭ガス臭バーベキュー臭を嗅ぎ、いろいろな物の本来の匂いがわからなくなったからです。

その後、抗てんかん薬ケプラ(イーケプラ)を飲みだしてから、このいわゆる「鼻ツン」状態は、劇的に改善。まだ幾つかわからない匂いはあるものの、以前に近い感じに戻りつつあります。

昨日、我が家に荷物が届きました。差出人は、以前ご近所に住んでいた年配の女性Gさん。ご主人に先立たれてからは、お子さんも親戚もおられないため一人暮らしでした。なので、義母や夫が何かと気をかけて、家族ぐるみで仲良くしていました。

私たちの結婚式にも来てくれて、とても優しい女性だったのですが、80歳を過ぎてから、やや認知症気味になり、昨年からケアホームに。ほんのたまに会えるだけになっていたのです。そのGさんからのクリスマスプレゼントでした。

私たちを覚えて、一つ一つラッピングしてプレゼントを送ってくれた優しい気持ちに大感激。私の名前の包みは細長い形です。開けてみたら、大好きなお店「ビクトリアズシークレット」のモイスチャーローションでした。

きっと、ヘルパーさんに頼んで買ってきてもらったのでしょうね。手書きのカードも添えられていました。もと高校の数学の先生だっただけに、しっかりした文字でした。

Gさんは私が鼻ツンのあとてんかんになったことは知りません。だから仕事に行く時などに手足に塗れるようにモイスチャーローションを選んでくれたのでしょう。その気持ちに感謝しながら、そっと匂いを嗅いでみました。

まずふわっと花の香り、そしてピーチの香り。わかる、わかります! いい匂いがわかります! まるでGさんを思わせる優しい香りに、思わず涙が出てしまいました。

Gさんありがとう! ケプラありがとう! 明日、明後日、明々後日、どんどん鼻ツンが改善されますように。

鼻ツン闘病記26へ続く)