気が利いたメッセージの書き方3(バレンタイン編)

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

クスッと笑わせる英文バレンタイン・メッセージ

女子向けメッセージを集めてみました

クリスマスのメッセージお正月のメッセージに続いて、今回は、気の利いたバレンタイン・カードの書き方について考えてみたいとおもいます。

日本では、バレンタインといえばチョコレートとともに女性から男性に愛を告白する日という意味合いがありますよね。でも、アメリカではもっと気軽。男女のみならず、親子でもカードをやり取りします。

また、「女性から男性にチョコレートをプレゼント」という風習もあまりなく、男性から女性にバラの花を贈ることが多いですね。バレンタインの前日、当日は、町中のお花屋さんに真っ赤なバラがあふれます。そして子どもからお年寄りまで、男性がバラを購入する姿があちこちで見られます。

コロポックルのようなおじいさんが、そっとクマのぬいぐるみとともに一輪のバラを買っておられる姿などを見ると、「ああ〜奥さんは幸せだね」なんて、こっちまでほのぼのした気分になったりして。ティーンの男子が恥ずかしそうにそそくさと買っていると、「頑張れっ!」と思ったりね。

また、当日は、オフィスにどんどんお花のデリバリーが届きます。私の夫も張り切って毎年オフィスに大きなバラの花束を贈ってくれました。日本人感覚だと恥ずかしいので、「今年は贈らないでいいよ」と断り続けていたのですが、結局お昼過ぎにはデスクにお花が届くんですよね。

でも、夫の良いところは、必ず義母にも花束を贈ること。やっぱり息子からのプレゼントって嬉しいものですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、バレンタイン・カード用の気の利いたメッセージをリサーチしてみました。あまり大仰ではなく、シンプルで、でもどこかクスッとくるような女子向けメッセージを集めてみましたよ。以下はネットで集めたメッセージをヒントにして一部変更して書き直したものです。

(その1)
I luv you more than my iPhone!
iPhoneよりもあなたが好き。(いつもiPhoneを手放さない女の子が書くと効果的で可愛いかも!)

(その2)
If I could, I would wrap up all my love for you and put in a gift bag. But they don’t make bags large enough!
できることなら私の愛を全部ラッピングしてギフトバッグに入れてプレゼントしたいけど、そんなに大きな袋は売っていないの。(ロマンティックで可愛い! プレゼントを買い忘れてカードだけ渡すときにどうぞ!)

(その3)
I wish you a Happy Valentine’s Day with all my heart, and lungs, and liver, and gallbladder…!
ハッピー・バレンタインデー! 心から、肺から、肝臓から…そして胆のうから願います!(ふふふ、ハートには心臓という意味もあるので、心だけじゃなくて、他の内臓も参加しちゃったんですね。お医者さんのお友達に効果的!)

ぜひ、ご参考に〜♪