自動運転カーあるある?

ライトニングハワイ、ハワイ暮らしと大人のてんかん闘病記

トゥナイトショーで大ウケ

車社会アメリカならではのあるあるネタかも

先日、Googleが自動運転カーのプロトタイプを作成し北カリフォルニアでテスト走行開始、という話題をご紹介しました。実現したら、私のようなてんかん持ちには、この上なく嬉しいニュースなわけで。

なので、こっそり貯金を開始しつつ、市場に出回る日を指折り数えて待っているわけですが、アメリカのバラエティー番組「トゥナイトショー」を見ていたら、ホストのジミー・ファロンが、「自動運転カーのあるあるネタ」を披露していたので紹介したいと思います。

下ネタ系もたくさんあったけど、ここでは比較的穏やかなものだけ紹介しますね♪

Pros and Cons: Having a Self-Driving Car

良い点と悪い点:自動運転カーを所有すること

Pro: It allows you to eat, talk on the phone, or even apply makeup while driving
Con: So basically what you’re already doing.

良い点:運転中に食べたり電話で話したり、メイクしたりできるよ。
悪い点:それって基本的にいつもやっている事だよね。

Pro: Not having steer can free your hands up  to perform other important tasks.
Con: Like giving people TWO middle fingers at once!!!

良い点:ハンドルを握らなくていいから、両手を使って色々と重要な仕事をこなすことができるよ。
悪い点:人に向かって両手の中指を立てたりね!(中指を立てるのは侮蔑の仕草)

Pro: It’s led to sweeping changes in the automotive world.
Con: “Car and Driver” magazine is now just called “Car.”

良い点:自動車業界に劇的な変革をもたらすね!
悪い点:「カー&ドライバー」誌は、「カー」とだけ呼ばれるようになるとかね。(Car and Driverは人気の自動車雑誌。)

などなど。文字に起こすと「ふーん」という感じなんですけどね。アメリカ人の夫は爆笑してましたし、ハワイ歴も15年を超え、感覚がアメリカ人的になった私も大笑いしてしまいました。

何はともあれ、早く自動運転カーが実現してほしいものです。ワクワク!