2015年 春の日本ふむふむ旅ー8(4日目)

 

ライトニングハワイ

新幹線で大阪へ

いや〜、やっぱりふるさとって

第7回より続き)
さて、本日は東京から大阪へ移動です。

最高に居心地良かったプリンスパークタワー東京とも今日でお別れ。とても素敵なホテルでした。いつかまた泊まりたいものです。

大阪へは新幹線で移動です。アメリカ人は、新幹線のような高速鉄道には乗ったことがない人が多いものと思われます。夫は、サンフランシスコなどで電車の経験はあるものの、もちろん超特急(死語?)は初めて。かなりワクワクしています。よし、思い切ってグリーン車を奮発!生まれて初めてですよ。

窓側の席を夫に譲ります。初めてですから、日本の景色を堪能してもらおうではありませんか。東京を離れるにつれ、車窓の景色はのどかに。16年前とさほど変わらぬ風景を見て、ホッとしたり。あれっと思ったり。

夫にとっては何から何まで珍しいらしく、食いいらんばかりに眺めていました。とくに富士山には感動したようで、ビデオをとって悦にいっていましたね。

大阪は私の故郷。近づいてくるにつれ、やっぱり嬉しくなってきます。もちろん今や、私が青春時代を過ごしたあの大阪はどこにも存在しないのはわかっているけれど、でもきっと何か名残があるはず。

大阪を離れて16年のうち、何度かは里帰りはしていたのですが、いつも大急ぎで自宅に立ち寄るだけだったので、この3日間は久々の大阪の街中を堪能しようと決めているのです。夫を案内しつつも、ちょっと懐かしの場所もたどりたいな…なんて。

ホテルは、いつも通勤でその横を通っていた、スイスホテル(オテル?)南海大阪を予約しました。あれ? このホテルってサウスタワーって名前じゃなかったっけ(浦島)。

大阪到着!なんとも言えず懐かしい気分が蘇ってきました。言葉も蘇ってきます。なぜかハワイでは周りに大阪人が少なく、以前のような言葉のテンポを忘れて生活しているので、やや寂しいのです。

うん、なんばシティや高島屋のあたりはそれほど変わりませんね。ロケット広場がなくなったことは聞いていたけれど、全体的に小綺麗になってる!

それにしても、本当に中国の人が多いです。とくに、ホテルの中は9割程が中国のツアーの方々のようでした。びっくり!

勢いありますよね。日本がバブルだった時のよう。すごい購買力ですよね。なんだかタジタジとなりつつもチェックイン。宿泊料も全体的に上がっていますが、これは団体さんが増えているからなのかな? 日本の物価はハワイより安いと思っていたけど、そうでも??

とりあえず着替えて、夜の大阪を散策へ。東京に比べてやはり、人々がとっつきやすく優しいのがわかります。タクシーの運転手さんも、スーツケースをつかってちょこっとしたギャグを見せてくれ、思わず嬉しくなってしまいました。こうでなければ!

夫も張り切って高島屋の地下で夜食用に焼き鳥など購入し、お店の人に優しくしてもらっていますよ。会話も弾んでいる様子。なかなかコミュ力があるようです。「ハワイから来ました」なんて言ってます。「おまけ」もしてもらったらしい。

さて、今日の締めくくりは道頓堀のネオンへ! あら、橋が綺麗になっている。でもいくつかのネオンはそのままですよ。嬉しいなあ。ああ、青春時代の思い出が走馬灯のように。阪神優勝の時はすごかったな〜。夫もこの雰囲気、気に入ったようで、パノラマ写真などを撮り悦に入っていました。

残念ながらお気に入りのお店はほとんどなくなっていたけれど、でも老舗のいくつかは、まだまだ健在の様子。遅くてほとんど閉まっていたけれど、シャッターを見るだけでも嬉しかったですね。

福岡で生まれ、その後四半世紀を過ごした大阪はやはり私の故郷です。少し綺麗になってしまったけど、やっぱりなんとも言えない空気感は当時のまま。心斎橋の某画材店で働いていた頃は、南海なんばの駅まで毎日歩き、いたるところで何か楽しいことを見つけては、抱えきれないほどの夢をもてあましていたっけ(泣)。

懐かしい友人たちに会いたいけど、今回はほとんど時間がなくて残念でした。またいつか皆と会えたらいいな。

さて、感傷にひたるだけひたったら、明日の予定を立てなければ。明日の午後は実家を訪ねます。

(2015年 春の日本ふむふむ旅ー8に続く)